FANDOM


イリア・パゾム(Illia Pazom)はアニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』、漫画『ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム』に登場する架空の人物。ネオ・ジオン軍のニュータイプ将校(強化人間という説もある)で、階級は少尉(ΖΖ)、後に中佐(DFUTG)。

人物解説 編集

褐色の肌に濃いメイク、極端に短いミニスカートに白ブーツといった派手な容姿が特徴。漫画『機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像』にもジオン公国軍残存拠点アムブロシア基地の案内役として登場しており、12歳の若さながらモビルスーツ操縦の腕は良く、ニュータイプとしての素質をうかがわせている。

『ΖΖ』では強化人間手術を施されたマシュマー・セロの副官として登場するが、その正体は強化人間手術により精神が不安定になったマシュマーを監視するために送り込まれたハマーン・カーン直属の近衛隊長。自身もモビルスーツパイロットとして極めて高い能力を持ち、ジュドー・アーシタΖΖガンダムと互角に渡り合うほどだが、ジュドーの戦術教範に囚われない奇抜な戦術には舌を巻く事もあった。なお、ジュドーとの戦闘中に共鳴現象の様なものを起こすが、それが何であったのかは不明である。また、命令に従わない隠れジオン派隊長のサトウを戦闘中に謀殺する事で弔い合戦を演出し、隠れジオン派残党を取り込んだりもする等、手段を選ばない冷徹さと狡猾さを持ち合わせる。ただし、サトウを謀殺したことでアーガマ撃沈の機を逸しているが、これはその後の隠れジオン派の増長を防ぐ為であると考えられる。グレミー・トトの反乱でマシュマーが戦死した後は行方不明となる。

が、漫画『ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム』にて、シャア・アズナブルの新生ネオ・ジオンに参加しており、レウルーラの艦長としてシン・ワタナベタウ・ワタナベらNT部隊を率い、テロリスト集団「カラード」とともに地球連邦軍アラハス隊と交戦している。なお、戦後シャア本隊とは合流せず木星へと転属している。階級は中佐。

スーパーロボット大戦シリーズ編集

シリーズによってはリゲルグを搭乗するだけじゃなく、ZZのMS(ハンマ・ハンマR・ジャジャゲーマルクザクIII)や映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』のα・アジールに搭乗したりする。また、『スーパーロボット大戦F完結編』では、なんと彼女が死亡するイベントがある。


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki