Fandom

GUNDAM Wiki

ウィリス・アラミス

625このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

ウィリス・アラミスWillis Alamis)はアニメ『機動新世紀ガンダムX』に登場する人物。

人物 編集

偉大な父の跡を継ぎ、エスタルドの国家主席となった青年。経験が浅く優柔不断なため、重大な決断を補佐官のルクス・ハノマアクに任せていた。当初は指導者としての自覚や責任が欠けていたが、ガロード・ランとの交流や、リー・ジャクソンの死などを経て目覚めていく。

劇中での活躍 編集

エスタルドの新連邦に対する降伏表明後、戦争責任を問われるウィリスの身を案じたグラント・スチュアートに連れられフリーデンと共に国外脱出を図る。しかし、一丸となって戦うフリーデンクルーの姿を見て心を改め、ガスタールへの投降を決意した。その後、グラントと共に新連邦軍との調印式に臨んだ。戦争責任はルクスの交渉と自己犠牲によって回避される事になり、彼の胸で涙を流していた。

関連項目 編集

テンプレート:AWGX


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki