FANDOM


この記事はWikipedia:機動新世紀ガンダムXの登場人物2011年5月9日 (月) 15:00の版を元に、加筆し作成されたものです。転載記事についての方針を参照。

エニル・エルEnnil El)はアニメ機動新世紀ガンダムXに登場する人物。

人物 編集

バルチャーに雇われていたフリーのモビルスーツ乗り。19歳。身長168cm。体重46kg。戦中から地球に潜入していた宇宙革命軍情報将校ナーダ・エルと地球の女性との間に生まれた。戦後、革命軍将校であった過去が発覚してしまった父が革命軍を憎む地球住民に殺されて以来、天涯孤独の身となって生きてきた。パイロットとしての技量はフロスト兄弟に認められるほど高く、旧式の機体でガンダムや新連邦の新型MSと渡り合っている。

劇中での活躍 編集

とある事から見せられたガロード・ランの写真から彼に興味を持ち、近づくも拒絶された事でガロードを倒す事に執念を燃やす。フォートセバーンまでフリーデンを追いかけ、ノモア・ロング市長と接触を図る。その後、移り住んだ太平洋上の都市セインズアイランドで、入国管理官のマイルズ・グッドマンからのプロポーズを受けるが、偶然入港していたフリーデンを目撃し、元の世界に戻る事となる。ゾンダーエプタ島ではガンダムダブルエックスを偶然目撃したためフロスト兄弟に撃墜され、その際フリーデンに救助される。フリーデンがエスタルドに入港した際に退艦、セインズアイランドに戻るが、マイルズは新連邦に処刑されており、復讐のためゲリラとして戦いを挑む。その戦いの最中、宇宙革命軍の工作員と接触、革命軍に入る事を進められるが、彼らがティファ・アディールをさらおうとしている事を知るとそれをフリーデンに伝えに行き、その後、最終決戦に赴くなど、ガロード達に協力するようになる。味方になって以降はガロードに対しての気持ちは憎しみから恋愛感情に近いものになっていたようだが、結局身を引いた模様(漫画版では一応、それらしき発言をしている)。フリーデン解散後は、ロアビィ・ロイと共にウィッツ・スーの故郷の村に現れる。

関連項目 編集

テンプレート:AWGX

このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は機動新世紀ガンダムXの登場人物にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki