Fandom

GUNDAM Wiki

ミネバ・ラオ・ザビ

オードリー・バーンから転送)

626このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

ミネバ・ラオ・ザビ(Mineva Lao Zabi)は、アニメ『機動戦士ガンダムUC 』をはじめ、ガンダムシリーズに登場する架空の人物。初登場はTVアニメ『機動戦士ガンダム』。小説およびOVA『機動戦士ガンダムUC』では、メインヒロインをつとめ、作中ではオードリー・バーンとも名乗っている。

人物 編集

機動戦士ガンダム編集

ミネバ 1st.jpg

ゼナに抱きかかえられるミネバ。機動戦士ガンダムでの一幕。

宇宙世紀0079年9月2日、ドズル とゼナとの間に、一人娘として誕生。出生地はソロモン内と推測される。一年戦争以後、ザビ家の中で唯一生き残った人物。TVアニメ『機動戦士ガンダム 』におけるソロモン陥落時には未だ乳児だったが、母ゼナと共に脱出に成功。バロムによって月のグラナダへ送り届けられた後、母に連れられアクシズへと逃れる。『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の設定ではルウム戦役前にすでに誕生、ソロモン戦前夜には一歳を迎えようとしており、父ドズルらはズム・シティでの誕生会を計画していた。

機動戦士Zガンダム及び機動戦士ガンダムZZ編集

ザビ家の正統後継者として祭り上げられ、歪んだ教育を受けるようになっていく。当初、皇室警護官としてミネバの養育にあたっていたシャア は、彼女が普通の子供としてのびのび育つことを望んでいたが、摂政となったハマーンと対立し、アクシズから逃れるように地球圏へ潜入する。ミネバ自身はハマーンに対して「良く尽くしてくれる」と感謝はしていたが、親愛はあまりなかったようであり、彼女の前では笑顔を見せたことがなかった事がΖ劇中でハマーン本人の弁として語られている。一方、サイド2で知り合ったシンタとクム、ロザミア・バダムとボート遊びに興じたり、シャアに生前の両親の思い出話を聞きたがったりするなど、ハマーンの息のかかっていない人間に対しては普通に喜怒哀楽を表しており、ハマーンとの間の緊張関係が伺えるものの、自分が乗っている戦艦が戦闘で窮地に立たされる場面において、ニュータイプの兆しとして何らかの恐怖を感じているからか周囲にハマーンを呼ぶよう泣き喚き、ハマーンに対して歳相応に泣きつく描写もある事から、ハマーンは自分を保護できる大きな力を持つ存在(例えば乳母のような)としての信頼は寄せていたものとも推測できる。

宇宙世紀0087年、彼女はアクシズ(後のネオ・ジオン)の名目上の君主として地球圏へ帰還し、グリプス戦役に第三勢力として介入、連邦軍を弱体化させた後第一次ネオ・ジオン抗争(ハマーン戦争)に突入する。ハマーンの戦死によって抗争が終結したのち、本物のミネバは既にシャアによって連れ去られ、それ以降は替え玉が立てられていた事が発覚した。このことは、プレイステーションゲーム『機動戦士Ζガンダム』において、わずか数秒ではあるが映像化されている。しばらくはスウィートウォーターでシャアに匿われていたとされるが、第二次ネオ・ジオン抗争以降、彼女の消息は不明となる。この頃、小説およびOVA『機動戦士ガンダムUC』ではネオ・ジオンの航宙貨物船ガランシェールにて逃亡生活を送っていたとされている。なお劇場版『機動戦士ΖガンダムIII 星の鼓動は愛』では、グリプス戦役終戦と共に勉学のため、サイド3経由で地球に降下している。ニュータイプとしての素質があることを思わせる描写があったが、パイロットや実験体として利用されることはなかった。また、小説版では自身が艦隊旗艦に座乗する事で兵の士気が高まる事を指摘するなど、幼いながらに父親ドズルの血筋を覗かせるその将器にハマーンが畏怖を覚える描写もあった。

機動戦士ガンダムUC編集

第二次ネオ・ジオン抗争(シャアの反乱)後、ネオ・ジオンの航宙貨物船ガランシェールにて逃亡生活を送っていたとされる。宇宙世紀0096年、16歳になったミネバは、ビスト財団とネオ・ジオン残党軍「袖付き」との間で行われる「ラプラスの箱」の取引を阻止すべく、単身、工業コロニー「インダストリアル7」に潜入し、そこでバナージ・リンクスと運命的な出会いを果たす。

取引を阻止しようとする連邦軍と「袖付き」の武力衝突に巻き込まれ、避難民としてネェル・アーガマに収容される。オードリー・バーンという偽名を名乗って脱出の機会を伺っていたものの、ほどなくして正体が露見、人質として連邦軍に拘束される。輸送艦アラスカで月へ移送される途中、連邦軍ロンド・ベル隊に所属するリディ・マーセナスの手引きで脱走。彼の父親で連邦政府中央議会の上院議員ローナン・マーセナスに助力を請うべく、リディの搭乗する可変MSデルタプラスに同乗し、ネェル・アーガマのパラオ攻略作戦に紛れ地球に降下する。しかし、ローナンからは期待していた助力を得られないばかりか、政治的な駒としてマーセナス邸に軟禁される。その間、連邦の貴族社会においてアースノイドが抱くスペースノイドへの偏見を目の当たりにし、次第に自身の在り方を見失ってゆく。折りしもローナンから「ラプラスの箱」の真実を聞かされ苦悩するリディから事実上のプロポーズを受けるが拒絶。失望の念を覚えたミネバは屋敷を抜け出す。逃亡中、立ち寄ったダイナーの老主人と交わした会話を切っ掛けに、ミネバは弱腰になっていた自分を悔い改め、課せられた運命と対峙する覚悟を決めるが、ローナンの手の者に捕えられ、ビスト財団に引き渡される。財団当主代行マーサ・ビスト・カーバインから財団との結託を要求されるも、マーサの欺瞞を看破したミネバはこれを拒否する。人質として巨大輸送機ガルダで移送される途上、バナージ・リンクスとスベロア・ジンネマンらガランシェール隊の活躍の甲斐あって脱出に成功。再会を果たしたバナージとは相思相愛の仲に発展する。大気圏を離脱したガランシェールで再び宇宙へと上がりネェル・アーガマと合流する。その後ユニコーンガンダムに同乗し、バナージと共に向かったL1ジャンクションにて、箱の所在を知る。だがその間にガランシェール隊がネェル・アーガマ内で反乱を起こし、フル・フロンタル率いる「袖付き」と結託したジオン共和国軍に艦が占拠されてしまう。ミネバはフロンタルが用意した軍服を身にまとって共和国軍兵士たちの前に姿を現し、彼らを熱狂させる。士気高揚を狙ったフロンタルの策略に対し、自身の象徴としての立場を嫌悪していたシャアの真意を知るミネバの態度は冷ややかであった。箱の座標を聞き出そうとバナージを脅迫するフロンタルに対し、ミネバは座標と引き換えに、フロンタルから箱を狙う真の動機を聞き出す。自らを人の総意に従うのみの器と定めてはばからないフロンタルに、「私の知っているシャア・アズナブルは本当に死んだ」と絶望する。その後、クルーと協力してネェル・アーガマの奪還に成功。待ち伏せるネオ・ジオン艦隊を突破し、忠実な部下マリーダ・クルスを失いながらも、始まりにして終焉の地であるインダストリアル7に到着する。バナージとともに財団宗主サイアム・ビストの下を訪れ、ついに箱の正体に辿り着く。全世界の放送をジャックした電波に乗せ、ミネバは箱の真実を公表する。事態の収束のため、マーサの命令で放たれたコロニーレーザーから仲間たちを救うためバナージはサイコフレームを発動。その結果ユニコーンガンダムに取り込まれ自意識を喪失してしまうが、最後は愛するミネバの呼び掛けに応えた。

なお『機動戦士ガンダムUC』において、彼女が使った「オードリー・バーン」の偽名は自らをお忍びの王女になぞらえたもので、映画『ローマの休日』でアン王女役を演じたオードリー・ヘプバーンに由来する 正体発覚後、他の登場人物からの呼称が「ミネバ」になってからも、バナージだけは最後まで「オードリー」の名で彼女を呼び続けた。

トリビア編集

  • 成長したミネバが登場する他の作品として、漫画『機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス』、漫画『機動戦士ガンダム ムーンクライシス』がある。ただし、正史としての扱いでは無い。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki