FANDOM


ガルマ・ザビGarma Zabi)は、ジオン公国軍地球方面軍司令。階級は大佐(『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』でも大佐[1]))。デギンの四男。放映開始時の設定年齢は20歳。主な乗艦はガウ攻撃空母。

人物 編集

ジオン公国の士官学校を首席で卒業。実際は次席であり、首席のシャアがガルマに花を持たせ譲ったと言われている。ジオン公国の御曹司にして美男子という事でジオン国民の人気も高く、父デギンや兄ドズルからもその将来を嘱望されていた。基本的に優しくナイーブな青年で、育ちが良いせいか疑うことを知らず他人を信用し過ぎるため、ガルマを溺愛していた父デギンは彼が軍人の道を選んだ事をかなり心配していた。『THE ORIGIN』では猛々しい性格の他の兄姉と違って気性が優しいガルマに対して「お前は学者にでもすれば良かった」と心配する記述もある。また、右手で前髪をいじる癖がある。シャアのガンダムシリーズを通してのただ一人の友人で、士官学校以来の付き合いである。シャアはザビ家への復讐のためにガルマに近づいたのだが、「お坊ちゃん」「坊や」と精神的な甘さを指摘する一方、「いい友人」とも発言する。

一年戦争ではジオン公国軍の地球方面軍司令官として北米に拠る。実質的に地球方面軍は姉キシリア率いる突撃機動軍の麾下であり、彼はあくまで名目上の司令官でしかなかった。またその権限も実質的にジオン地上軍第2軍(北米方面軍)司令官程度の物に限定されている。但し、北米は豊富な工業力と食料地帯を有する上に南米の連邦軍本部ジャブローを牽制する要地でもあった。占領軍の司令官としては割合有能で、軍規の維持に成功していたのみならず、現地の住民とも上手く付き合って協力を引き出している。彼の優しい人柄と社交性が発露されたといえばそれまでであるが、当時はコロニー落としで地球の住人のほぼ全てが強い憎悪を抱いていた点から考えると大成果と言える。

司令官でありながら、ブラウンに塗装された専用戦闘機であるドップに搭乗し(降下作戦にはザクIIFSに搭乗したという説がある)、前線に出撃する事も多かった。また、占領地として赴いたニューヤーク(『THE ORIGIN』ではロサンゼルス)の前市長エッシェンバッハの娘、イセリナとは結婚を誓い合う仲だった。

シャアに「ジオン十字勲章」ものの獲物だとそそのかされ、ガウ攻撃空母を主力とする部隊を率いてホワイトベースを攻撃に向かうが、ガンダムをはじめとするホワイトベース隊に連敗する。ホワイトベースが北米大陸を抜け、太平洋に出ようとする第10話で「親友」シャアの口車に乗り、囮となってあらぬ方向へ逃走するガンダムをガウで追跡するよう誘導され、待ち伏せしていたホワイトベース及びガンキャノン、ガンタンクに総攻撃を受ける。その際、シャアから裏切りを告げられ、愕然としながら「親友」の正体と本性に気づく。嘲笑するシャアの声が響く中、ガウ攻撃空母の舵を自ら取り180度回頭させてホワイトベースを道連れにすべく体当たり攻撃をかけるも間一髪でかわされ、爆発四散するガウの中で戦死する。脳裏にイセリナを思い浮かべつつ叫んだ最期の台詞は「ジオン公国に栄光あれ」である。なおシャアがガルマを間接的に謀殺したという事実は表には出ていないが、シャアはガルマを守りきれなかった責任をドズルに問われ、左遷(予備役編入)されている。

ガルマの葬儀は国威発揚・戦意高揚のための国葬として、ギレンによって大々的に利用される。しかし、父親であるデギンは、身内のみでの密葬を望み、最後まで国葬に難色を示していた。また、TV版第11話ではイセリナが、ガルマの部下・ダロタと共に敵討ちに向かう。その後、仇討ち部隊としてドズル麾下のランバ・ラル隊が地球に降下し、ホワイトベース追撃の任務に当たることになる。

小説版では、シャアの謀略によってではなくガウ攻撃空母で木馬(ペガサス)へ馬鹿正直な正面攻撃を敢行したために、シャアが止めるのも間に合わずメガ粒子砲の直撃を食らって呆気なく戦死する。

放送当時、その容姿から女性ファンにはシャアと並ぶ人気があり、死亡した第10話の放送後、カミソリ入りの手紙がサンライズに送られた。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では「ガルマ編」のみならず、士官学校時代を描いた「過去編」でもに文武両道に抜きんでたシャアに強烈なライバル心を抱く。これはザビ家の御曹司であるガルマが、七光りと目されることに対する非常なコンプレックスを感じていたためである。このような事情からことある毎にシャアに張り合うが、学校生活を共にする中でライバルから友人として心から信頼を寄せるようになる。ガルマは学術に秀で、(シャアの扇動があったとはいえ)暁の蜂起事件の指揮を務めるなど決して無能ではなかったが、シャアという圧倒的な才能の前にはかすみがちであった。加えて熾烈な政争・戦時下ではあまりに素直で苦労知らずだったために、むざむざと復讐に燃えるシャアの犠牲になってしまった。立場は北米方面の司令官として描かれる。地球侵攻軍総司令はマ・クベ中将であり、ガルマはその配下とされる。この人事は、デギン公王が溺愛するガルマを、本国が地球侵攻軍を見捨てないための人質とするという、政治的配慮があった。

バンダイのゲーム『ギレンの野望 ジオンの系譜』ではifシナリオの一つとして、彼が戦死せず兄のドズルやランバ・ラルらを部下に従えイセリナに見守られながら「新生ジオン」の総司令官として立つ「ガルマの栄光~新生ジオン編~」が登場する。ここでの彼はジオン公国の罪を自覚し、その贖罪のために軍を率いるという設定で髪を束ねている。また、ゲーム『ギレンの野望 特別編 蒼き星の覇者』では、一年戦争でのジオン軍勝利の後に地球圏の掌握をめぐり姉キシリアが率いる「正統ジオン」と敵対するif展開が用意されている。

脚注 編集

  1. 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 公式ガイドブック2巻より。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki