Wikia

GUNDAM Wiki

ガンダム[ケストレル]

トーク0
2,911 件の記事が
このウィキにあります
諸元
ガンダムケストレル
型式番号:MSW-004
  

ガンダム [ケストレル]

元々はティターンズの強化人間専用機としてオークランド研究所で開発されていたガンダムタイプモビルスーツであり、当初の開発コードは「グリンブルスティ 」とされていたが、完成前にティターンズの主力部隊が宇宙へ上がってしまったため、残された機体は内通者を通してエゥーゴに接収され、アナハイム・エレクトロニクスのドック艦「ロサ・ギガンティア」での試験運用を経て実戦配備された。 主なパイロットはヴァン・アシリアイノティターンズ側からは両肩のビーム・ブレイドから「カマキリ」と呼ばれる。

胴体と脚部に内蔵された三基の高出力ジェネレーターと新型のレーザーロケット推進器を持ち、これによって高い機動力と加速性能を誇る他、豊富なジェネレーター出力から複数のビームサーベルを同時に展開する事が出来る。 また、準サイコミュシステムとして「シャーマン・フレーム」を搭載しており、ニュータイプでなくてもシステムのサポートを得て危機回避などパイロットの思考の一部を機体コントロールに反映させる事が可能。 この他にも、「エクステリア」と呼ばれる追加パーツを装着出来るなど機体の拡張性も高い。

しかし、強化人間専用機という事もあってその加速Gは一般的なパイロットが耐えられるそれを超えており、他にも戦闘中は高い加速性能を維持するため推進剤の消費が激しく、内蔵式レーザーロケットの信頼性が低いなどの欠点がある。 そのためエゥーゴのテストパイロットからは「欠陥機」や「自殺装置」という評価を下され、オークランド基地でのテストも含めて三人のテストパイロットが入れ替わったが、四人目のパイロットとして先天的に高いG耐性を持つヴァン・アシリアイノが搭乗した事でその性能を発揮する事になる。

なお、過去のテスト時の事故で膝と肩、頭部を破損した為、ワグテイルの外装データを参考にしたアナハイム製のパーツによって修復され、それと共にカラーリングも白と青を基調としたものに改められた(この改修には、オークランド研開発機であることを隠すための偽装という意図も含まれている)。

グリプス戦役時には珍しくコア・ブロックシステムを有しており、後のネオガンダムクロスボーン・ガンダムと同じ背中から水平にドッキングするタイプのコア・ファイターコア・スクァード」が搭載されているが、これはメインスラスターであるレーザーロケットの整備を行う為のバックパック換装機構の副産物であり、レーザーロケットタイプのコア・スクァードの他にも熱核ロケットエンジンを搭載したコア・スクァードも存在する。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキ