Fandom

GUNDAM Wiki

クェス・パラヤ

625このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

この記事はWikipedia:クェス・パラヤ2009年3月12日 (木) 13:36の版を元に、加筆し作成されたものです。転載記事についての方針を参照。


クェス・パラヤ (Quess Paraya) は、アニメ機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する架空の人物。ネオ・ジオンの正式なパイロットではない。

人物解説 編集

地球連邦軍参謀次官アデナウアー・パラヤの娘で、地球生まれの地球育ち。高官の娘であり、父が家庭を顧みず甘やかして育ったため、良く言えば天真爛漫だが、高慢でわがままかつ自己中心的な性格である。また感受性が強く、感じ取った事や喜怒哀楽を場もわきまえずストレートに表現する事があるため、行く先々でトラブルを起こす。家庭内の不和により家出し、インドクリスチーナという女性のもとでニュータイプになるための修行をしていたが、宇宙世紀0093年の第二次ネオ・ジオン抗争の始まった頃に、父の依頼を受けた警察によって連れ戻される。その後アムロ・レイハサウェイ・ノアと出会い、懇意になる一方、アムロに惹かれ始める。

しかしアムロとチェーン・アギの仲を察し、チェーンにアムロとの縁を断ち切るよう突っかかるようになる。そしてロンデニオンシャア・アズナブルと出会い、アムロとシャアが格闘するのを眼にする。シャアにつかみかかるアムロを妨げ、シャアに誘われたクェスは、チェーンへの嫉妬も手伝ってそれに応じ、『クェス・エア』(Quess Air)を名乗りネオ・ジオン側に身を寄せる事となる。

その後ニュータイプ研究所の訓練を幾度か受けただけでファンネルを操ってみせ、その非凡な才能を見せた。しかしそうした才能が性格の粗暴さ・高慢さに拍車を掛けていき、ニュータイプ研究所の所長ナナイ・ミゲルに対しても、シャアとの仲のため反抗的な態度をとっており、クェスの才能に惚れた強化人間ギュネイ・ガスのアプローチも全く相手にしなかった。

クェスは、アデナウアーには感じられなかった父性をシャアに感じ強く慕うようになる。シャアも、その能力と、初めてララァ・スンに出会った頃と同じ年頃の少女であった事から、ララァの面影をクェスに重ねあわせて傍に置いていたのだが、シャアはそのクェスを結果的に戦争の道具としただけであった。

優れたニュータイプの素質がネオ・ジオンの技術でさらに高められたことにより、ニュータイプ専用機ヤクト・ドーガα・アジールの性能をフルに解放し、連邦軍に対して次々と戦果を挙げていくが、ギュネイと2人掛りでもνガンダムを駆るアムロには全く歯が立たなかった。やがて戦場でジェガンに乗るハサウェイと再会し、彼に身を挺した説得を受けるも、事情を知らない(というよりクェスの精神的側面に危険性を感じた)リ・ガズィに乗るチェーンによって、撃墜。戦死した。

この時クェスは「直撃!?どきなさい、ハサウェイ!!」と叫び、α・アジールでハサウェイのジェガンを振り払って助ける。この行動はクェスがハサウェイをただ払い除けただけとも、チェーンの攻撃に巻き込むまいと庇ったとも受け取れるため、解釈は明確ではない。ただし『逆襲のシャア』監督の富野由悠季は映画公開時の雑誌記事で「クェスは、死ぬ間際には、ちゃんとハサウェイを救けようとするんです」と語っている。

なお、小説版(小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』)では、ジェガンに乗ったハサウェイがシャアのナイチンゲールに向けて撃ったつもりのビームライフル(角川カセット文庫版ではハイパーバズーカ)がα・アジールに直撃し、ハサウェイ自身がクェスを殺害。また本作では、ネオ・ジオンに参加してすぐにα・アジールに搭乗している。

他作品での出演 編集

OVA『GUNDAM EVOLVE
ガンダムの生みの親である富野由悠季が、『逆襲のシャア』のストーリーを新たに書き下ろした作品である。“映画版にのっとる必要はない”とのコンセプトで作られており、新たな解釈で描かれている。オールCGアニメ作品である『GUNDAM EVOLVE』で唯一、CGとセル画を融合させた作品となっている。ジェガンに乗ったハサウェイから、何らかの衝撃的なことを言われ、クェスが衝動的にバルカン砲で彼を撃墜してしまうところから物語は始まる。それを感知したアムロがνガンダムを駆り、優しく、厳しく諭すという内容で、2機の交戦中に2人はハサウェイがまだ死んでいないことを知り、クェスが彼を救いに行くところで話が終わる。なお、雑誌「ガンダムエース」2003年10月号にて、本作のクェス視点で描いた北爪宏幸と増尾隆幸による読み切り漫画『EVOLVE5 FILP SIDE』が掲載された。
ゲーム『スーパーロボット大戦シリーズ
シリーズによって、最初からネオ・ジオンに所属したり、最初から最後まで敵のままであったり、条件で自軍として仲間にする事が可能である(『第2次スーパーロボット大戦』にて初登場であるが、『機動戦士Ζガンダム』のレコア・ロンドと同様、PS版では削除されている。)。
ドラマCD
サンライズラヂオのドラマCD『サンライズワールド~オープン前夜、キャラ大混乱!!~』に登場。全体的にパロディ仕立てになっており、第3話ではサンライズラヂオの当時のパーソナリティがクェスのパーティを台無しにしてしまい、「どうしてくれるのこの有り様!!」と怒っている。また、第7話のサンライズキャラクターのロボット対決では、α・アジールに乗り込み『機動武闘伝Gガンダム』のドモン・カッシュ(乗るのはゴッドガンダム)と対決している。

搭乗機体 編集

ギャラリー 編集

関連項目 編集

テンプレート:Hf
このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はクェス・パラヤにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki