Fandom

GUNDAM Wiki

クラスターガンダム

626このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

この記事はWikipedia:ガンダムF90_(架空の兵器)から転載、一部修正し作成されたものです。転載時期は2011年以前であり、加筆も不十分であるため、不正確な情報や虚偽が含まれているおそれがあります。転載記事についての方針を参照。なお2014年以降は転載による記事の作成を禁止しています。


クラスターガンダム

機体解説 編集

クラスターガンダムはF90シリーズのうち、Yタイプ(ヤングスタータイプ)のミッションパックとされるコア・ブロック・システム実現の為に建造されたモビルスーツである。サナリィからは未完成のガンダムF90の3号機のパーツを素体として開発したと発表されているため、一般にクラスターガンダムとガンダムF90IIIは同じものとされるが、ガンダムF90IIIは X, Y, Zタイプのベース機だとする説もある。

Yタイプバックパックユニット
クラスターガンダムの場合はF90バックパックとYタイプバックパックユニットとが異なりYタイプバックパックユニットの背中にはハードポイントがないが、他のハードポイントは全て使用可能である。また、本機はコア・ブロック・システム を搭載した機体であり、Yタイプミションパックのバックパックと接続することでコア・ブースターとしても運用出来る。
また、プラモデル解説書によるとクラスターガンダムはYタイプバックパックユニットからF90I、またはF90II用の「ノーマルバックパック」や、他のミッションパックの「バックパックユニット」にも換装可能である。
武装
メガビームバズーカ
武装としては多数のビーム兵器を搭載しており、中でもメガビームバズーカは後に連邦軍に正式採用されるなど、高い評価を得ている。そのビームの収束率の高さから、本機の名称もクラスター(収束)ガンダムと名づけられたといわれている。メガビームバズーカは左右の腰部ハードポイントへの接続で機体から直接エネルギー供給を受けてビームを射出することも可能である。この状態では能力が高められ、クロスボーン・バンガードの追撃隊によりVSBR(ヴェスバー)の射撃に誤認された例もある。よってVSBRと同等の機能変化する可能性が挙げられている。
手持ち式ビームシールド
ビームシールドは手持ち式となり、マニピュレーターからのエネルギー供給が可能。また腕部のハードポイント接続により機体から直接エネルギー供給を受けてさらに強力なビームシールドも理事論上は展開可能である。腕部のハードポイント接続だけの特別なビームシールドの展開状態があり、ビームシールド基部の両端が本体から分離し(有線でのコントロールするバリアインコム)、より大きなビームシールドを展開をすることもできるようになる。そして、シールド以外の機能を盛り込もうとしていた形跡が認められる。
バイオコンピューター
ガンダム・ファクトファイルではバイオコンピューター搭載と記述されている。
MEPE
ちなみにクラスターガンダムは漫画『機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91 第二章 クラスターガンダム編』では質量のある残像を出している。

宇宙世紀の軍事雑誌「月刊MSジャーナル」の増刊「ダイジェスト版 第5号 冬の大サービス号 U.C.0122.12.05」によれば、宇宙世紀0122年11月20日、サナリィ開発部の月本部においてF90IIIをマスコミに公開すると発表したが、そこで公開されたのは開発されていることすら知られていなかったF91の試作1号機だったとのことであり、結局コスモ・バビロニア建国戦争の開戦までクラスターガンダムの存在は知られなかったようである。

関連項目 編集

テンプレート:F90-MSV テンプレート:F0123-MS


このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はガンダムF90_(架空の兵器)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki