Wikia

GUNDAM Wiki

コレン・ナンダー

トーク0
2,884 件の記事が
このウィキにあります

コレン・ナンダーは、アニメ作品『∀ガンダム』に登場する架空の人物である。(:川津泰彦ムーンレィスの古参の兵士であり、ディアナ・カウンターでの階級は軍曹。

テンプレート:ネタバレ

人物 編集

ディアナ・ソレルの暗殺を謀った兵士を殺害した罪で冷凍刑に処されていたが、アグリッパ・メンテナーの差金で刑をとかれ二人の部下、ブルーノヤコップと共に地球に送り込まれた。ディアナへの忠誠心は強いものの、乱暴で何をしでかすかわからない危険人物でもある。また「ガンダム」に対し異常なまでの敵意を持っており、ことあるごとにガンダムをつけ狙っていた。書籍によっては、冷凍睡眠中にガンダムへの敵意を刷り込まれたとも言われてる。彼の暴走によってノックスの街は崩壊している。しかし∀ガンダムとの地下での戦闘に敗れ、自らの機体「イーゲル」を失う。

劇中での活躍 編集

イーゲルがマグマに沈んだ後は、僧侶のようないでたちでさすらっていた。この時は以前とはうって変わって純朴な人柄を見せていたものの、立ち寄った村で∀ガンダムのはりぼてを見て騒動を起こす。∀ガンダムのはりぼての首をとった後、姿を消した。

その後地球で∀ガンダムの月光蝶を見て黒歴史時代の生き残りとしての記憶を取り戻し、ディアナ側に合流。月光蝶の脅威を伝え、∀ガンダムとターンXの戦闘が始まると専用のカプルを駆って奮戦するも、機体に月光蝶を受けて戦死。

顔の痣は冷凍刑に処されたときについたもの。また元々は長髪だったらしいが、同じく冷凍刑によって抜け落ち、現在の髪型になった、という設定がある。また、母の顔は記憶にあるが父の顔は覚えていない。僧侶のような生活をしていた時期に、母親をモデルに木像を彫っていた。

主な搭乗機は、イーゲルと、かつてのシャア専用機を彷彿とさせる赤い塗装で角付きのカプル。後者は、大きさからしてウォドムの手を改造したものと思しき、巨大なロケットパンチを右手に付けている。ともにガンダム世界の常識からは珍妙ともいえる機体だが、これは彼のこだわりらしくハリー・オードからのスモーの提供の申し出を断っている。また格闘戦にもこだわりがあり、これらの機体が装備した格闘用武器「ミンチドリル」は、∀ガンダムなどによっても運用された。

彼が月光蝶を見て「ガンダムがぁーっ!」と叫ぶシーンで画面に出てきた「ガンダム」はウイングガンダムゼロ(Endless Waltz版)であるが、スタッフインタビューによると、演出サイドから「何でもいいからガンダムを描いといて」と指定されたアニメーターが、たまたま手元にあったウイングガンダムのイラストを資料にしたらしく、結果的にWも黒歴史に含まれるということになった。またガンダムヘッドの2重バインダーからデビルガンダムの下の顔だとする説もあるが、いずれにしろコレンが実際に目撃した機体は不明である。前述の刷り込みにより、現実には見てなかった機体が彼の脳裏に浮かんだ可能性も否定できない。

その他 編集

名前の初期案は釈迦十大弟子の一人『アーナンダー』だった。しかしこの名前はオウム真理教関係者のホーリーネームとして使われていることから忌避された。代わりにスタッフが冗談で発した「これ、なんだ?」を元にした現在のものになった。

前述のように赤い塗装と角を装備したカプルに搭乗したり、「ガンダム」を思い出すシーンにてウイングガンダムゼロらしきMSを思い浮かべる、「元は長髪だった」「元は金髪の美男子だった」などの裏設定から「彼の正体は変わり果てたゼクス・マーキスシャア・アズナブルではないか?」とファンの間ではまことしやかに囁かれたが、詳細は不明。ガンダムWのラストで火星テラフォーミングを行う為に旅立ったゼクスと、コレンが当初愛機としていたイーゲルがかつて火星で起こった戦闘で使用されていた機体だという裏設定に接点を見出す説もある。また、何らかの大きなショックにより人格が変わってしまった事やガンダムを執拗に追い回す描写、ニュータイプ要素の無い描写から最強のオールドタイプと称されるヤザン・ゲーブルではないかとの説もある。劇中で知り合った子供に好かれ「ずっと一緒にいて欲しい」と言われるも、それを断り戦場に向かう姿やヒートホークに酷似した斧状の武器でガンダム(張りぼて)の頭を切り落とす描写はポケットの中の戦争でのバーナード・ワイズマンとアレックスの戦いのオマージュのようでもある。彼もまたガンダムを追い、決着を付けようとした人物の1人である。その他、既に内部にいたシャッフル同盟ではないが、世界ガンダム連合のガンダムファイターという説もある。

上記のように歴代ガンダムのライバルや名キャラクターの趣向や性格を散りばめた存在である事と、また正確な正体が曖昧ではあるが故にファンの想像を大いに盛り上げる結果となった。

他にも彼が∀のシステムについて知りすぎている事から黒歴史時の∀のパイロットであり、長期に冬眠刑についた本当の理由が、突発的に情緒不安定になった時に暴走させ地球を破滅させた罰であるという事だったという説もある。

少なくとも彼が∀の暴走の生き証人であることは確かである。

ときた洸一の漫画版におけるギム・ギンガナムらとの決戦時では、『ガンダムW』の時代のガンダムアスクレプオスのMA形態らしきMSに乗っているが、これは、TV放映前に前述の『赤い角つきのカプル』が誌面に露出する事を避けたいというサンライズ側からの要請に応えた事によるもの。また、アニメ版とは違い、戦死はしていない。

曽我篤士の漫画版では、イーゲルに搭乗し、ノックスの街で∀と戦いロランを追い詰めるが、戦闘を止めようとしたディアナに銃を向けられ、威嚇とは云え狙撃され、その精神的なショックでディアナの名を叫びながら機体と共に自爆し死亡している。

僧のような姿での再登場は、ビルマの竪琴が元ネタである。

関連項目 編集

テンプレート:正暦 (∀ガンダム)

ウィキアネットワーク

おまかせウィキ