FANDOM


この記事はWikipedia:ザクIIIから転載、一部修正し作成されたものです。転載時期は2011年以前であり、加筆も不十分であるため、不正確な情報や虚偽が含まれているおそれがあります。転載記事についての方針を参照。なお2014年以降は転載による記事の作成を禁止しています。

ザクIII改ザクスリーかいZAKU III CUSTOM)は、アニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場する、ネオ・ジオンの指揮官用攻撃型重モビルスーツである。(型式番号:AMX-011S)

機体解説 編集

ザクIIIは開発当初からオプションの換装によって様々な戦況に対応できるように設計されていた。本機はその中で高機動戦闘に対応した装備に換装した機体である。標準型との相違点は頭部、左ショルダーアーマー、バックパック、リアスカート、膝アーマーなどである。また、ビームライフルは長射程・大出力のものを装備する。
頭部は口吻部にあった顎部メガ粒子砲に代わって、側面に30mmバルカン砲2門を装備したタイプに換装されており、左右にあった冷却用のエア・インテークも廃されている。これにより緑系の機体色も相まって、本機はザク本来の意匠に近いものとなっている。左ショルダーアーマー先端にはハイド・ボンブ投下機が装備されている。
リアスカートは大型化され、約8倍に増量されたプロペラントタンクを有するバックパックの換装も併せ、機動力の向上と稼働時間の延長を実現した。
実質オプション換装により製造できる機体であったが、劇中で見られたのは、強化人間となったマシュマー・セロが駆った1機のみである。

劇中での活躍 編集

強化人間となったネオ・ジオンの将校マシュマー・セロが搭乗しネオ・ジオンの内乱の際にプルツーの駆るクィン・マンサや、ラカン・ダカラン率いるドーベン・ウルフで構成されたスペース・ウルフ隊と交戦した。対クィン・マンサ戦では、クィン・マンサのファンネル4基を撃破したうえ、メガ粒子砲をかわすなど高い機動力を見せ、当時最高レベルのNTであるプルツーとネオジオンの最終兵器クイン・マンサを圧倒するという離れ業を見せつける。しかし、クィン・マンサが撤退した直後にスペース・ウルフ隊の奇襲を受け有線アームにより機体の四肢を拘束される。これにより身動きの取れなくなったザクIII改は高圧電流とビームによる攻撃を受けるが、マシュマーの精神的高揚によりビームを跳ね返し、左腕部を拘束していた有線アームのワイヤーを手繰ってドーベン・ウルフ1機を引き寄せ、頭部を握りつぶして破壊するという鬼気迫る活躍を見せる。が、その直後には機体にダメージを受け過ぎたためかマシュマーのハマーンを讃える絶叫と共に緑色の光を放って爆散した。

スーパーロボット大戦シリーズ編集

敵として登場するがシリーズによって、マシュマーと共に自軍入りしたり、機体のみ入手が可能である(条件)。

ギャラリー 編集

関連項目 編集

このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はザクIIIにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki