Wikia

GUNDAM Wiki

ジムシリーズのバリエーション

トーク0
2,904 件の記事が
このウィキにあります

ジムシリーズのバリエーションはアニメ『機動戦士ガンダム』をはじめとするガンダムシリーズに登場するジムの派生機について記述する。

機体解説 編集

RGM-79ジムをベースにしたさまざまなバリエーションがジオン側のザクほどではないが数多く作られている。ジムの名自体はジムIIIをもって途絶えてしまうが[1]、その後もRGMナンバーはジェガンジェムズガンジャベリンフリーダムと宇宙世紀200年代にまで使用され続け、本来はジム系統を示すものだった型式番号RGMも汎用量産機のナンバーとして残されている。

現実の兵器との比較 編集

劇中のガンダムとジムの描写から「量産型の兵器は試作型より性能が劣る」という印象が広くアニメファンの間に広まり、製作サイドの「お約束」と化してしまった[2]。 しかし実際には、ガンダムとジムの関係は、試作機(アメリカ空軍戦闘機に例えるとYFナンバー)とその正式な量産機(Fナンバー)ではなく、コストを度外視して高性能を追求した実験機(Xナンバー)と、そこから得られた成果を導入した(完全に別機種の)量産機の関係に近い。

ガンダムとジム以降、エースパイロットや名のあるキャラが専用の高性能機を、その他モブの一般兵が量産機を混合運用(ハイ・ローミックス)するのは、リアルロボット作品の定番となった。

テスト用急造機 編集

先行量産型ジム系統 編集

前期量産型ジム系統 編集

  • RGM-79 前期量産型ジム前期
ジムの先行量産タイプ外見は通常のジムと変わりはないが、内装の違いで多少性能が劣っている。
  • RGM-79 前期量産型ジム後期型
「機動戦士ガンダム」で最初に登場したのがこのタイプだが背部のバックパックにバズーカを搭載できるラッチが接続できるようになっている。
  • RGM-79 ジム 指揮官仕様
ジムの指揮官仕様、バックパックにビームサーベルが1本追加され視覚的に指揮官を識別できるようになったほかに通信機能が強化されている。

後期生産型ジム、ジムコマンド系統 編集

ジム改系統 編集

ジム・カスタム、ジム・クゥエル系統(オーガスタ系) 編集

ジムII系統 編集

ジムIII系統 編集

その他のジム系MS 編集

アナザーガンダムシリーズのジム系MS 編集

宇宙世紀以外のガンダムシリーズにおけるジム的な設定・描写のMS

脚注 編集

  1. 漫画『ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム』のバージムバーザムに近い機体である。
  2. 現実の兵器でも、「量産機が試作機より劣った」例は皆無ではない。例えばアメリカ陸軍のP-39戦闘機が、試作機で装備されたターボ過給機が量産型では外され、性能が大幅に低下した。日本海軍の艦上爆撃機・彗星では、研究機として試作された際に採用されたギミックの多くが、生産面の問題から量産された機体では外された。

関連項目 編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキ