Fandom

GUNDAM Wiki

ジュドー・アーシタ

623このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

ジュドー・アーシタJudau Ashta, U.C.0074年10月10日 - ?)は、テレビアニメ機動戦士ガンダムΖΖ[1] に登場する架空の人物。同作の主人公である。物語開始時の年齢は14歳。血液型はB型。公式設定は身長165cm、体重56kg。

劇中での活躍 編集

宇宙世紀0088年初頭、ジュドー・アーシタはサイド1のスペースコロニー「シャングリラ」にて暮らしていた。同コロニーの福利厚生政策はお世辞にも充実していたとは言えず、また彼の両親は出稼ぎに出たまま不在の状態であった。このため、ジュドーは学校にはあまり通わず、生活費の捻出と妹のリィナ・アーシタを「山の手の学校」へと通わせるため、仲間達と共にジャンク屋家業に精を出していた。

そんな折、グリプス戦役で疲弊したエゥーゴの巡洋艦アーガマが修理と補給のため、彼の住むシャングリラへと寄港する。ジュドーと仲間のビーチャ・オーレグらは、アーガマに所属するモビルスーツ (MS) Ζガンダムを盗み出し大儲けしようと画策する。彼らは、シャングリラに流れ着いたティターンズの敗残兵ヤザン・ゲーブルと共にアーガマに侵入するが、ジュドーは成り行きからΖガンダムに乗り込んでしまう。ヤザンのクルーに対する横暴に憤りを覚えたジュドーはΖガンダムで戦いを挑み、彼の乗り込むプチ・モビルスーツを撃退する。アーガマの艦長ブライト・ノアは、初めてとは思えぬ操縦でΖガンダムを操るジュドーを見て、彼の行動にアムロ・レイカミーユ・ビダンといったかつてのガンダムのパイロット達の面影を重ねる。

それと前後してシャングリラにアクシズの先遣隊・巡洋艦エンドラが入港、同艦を率いるマシュマー・セロは自ら新型MSに搭乗し、アーガマを襲撃する。しかし、再びΖガンダムに乗り込んだジュドーがこれを退け、その後ブライトやファ・ユイリィらの懇願もあり、ジュドーと仲間達はアーガマの乗員となる。また、志願兵ルー・ルカも同時にアーガマへ合流している。ジュドーはブライトの期待に応え、その後幾度かの実戦を経てΖガンダムを乗りこなすようになる。また、彼はコロニー内を航行中の艦艇やMSに生身で取り付くなどの、生来の行動力と高い身体能力を持っていた。パイロット候補生となったジュドーは、攻め来るエンドラのMS部隊に対して臆することなく戦い、アーガマの窮地を救う。そして、エゥーゴの最新鋭機ΖΖガンダムのメインパイロットとなった彼は同機の性能を存分に振るい、第一次ネオ・ジオン抗争に参加していく。

ジュドーは当初、アーガマの戦闘艦としての任務には然程積極的ではなかったが、彼の妹リィナは同艦の援助に熱心であった。そのため、彼女の身の安全を第一と考えるジュドーとしては、妹を護るためには戦闘に参加せざるを得なかった。しかし、そのリィナがネオ・ジオンに捕われの身となってからは積極的に戦闘に身を投じるようになり、独断による出撃や単身アクシズに投降、潜入を試みるなどの怪行を繰り返す場面も見られた。またエゥーゴの出資者ウォン・リーの「修正」を切り返し、蹴りを入れるなど、ジュドーやその仲間達の奔放な振る舞いはブライトらアーガマクルーの頭痛の種でもあったという。その後、ジュドーはムーン姉妹やエルピー・プル、セシリア、その他多くの人物との出会いと彼らの死、そして人間の持つエゴイズムと直面していく中で成長していく。

ジュドーは、Ζガンダムのパイロットであったカミーユ・ビダンやネオ・ジオンのエルピー・プル、そしてハマーン・カーンニュータイプとの出会いを重ね、それらは彼に戦うことへの意義を見出させる契機となっていった。カミーユは自失状態でありながらも思念でジュドーに語りかけ、ジュドーはそれを感知した。プルはジュドーに惹かれエゥーゴに寝返り、ハマーンは彼の気配をかつての恋人シャア・アズナブルと錯覚している。

ハマーンはアクシズでジュドーと出会って以来、関心を寄せるようになり彼を同志とするべく幾度か誘いをかけたが、ジュドーはそれを退け、ダカール迎賓館においてはリィナを負傷させたハマーンに対し怒りの念を爆発させる。この時の激昂するジュドーの意思は強大な敵意となってハマーンに襲い掛かり、彼女を激しく怯えさせた。ニュータイプであるハマーンにとって、己に対して向けられたジュドーの意思はプレッシャーにも似た恐怖として感じられた様である。また、ダカール市外にて戦闘中であったジュドーの仲間達にとっても、異様な気配として察知されている。ハマーンはその後も幾度かジュドーにアプローチを行っているが、ジュドーは彼女を悪の元凶と捉え拒み続けた。

ジュドーは妹であるリィナを助けるという人間としてナチュラルな動機で戦闘に参加しており、特定の思想・観念に対し囚われを抱くことはなかった。戦闘の渦中においてリィナが消息不明となった際、ジュドーは激しい失意に沈む。しかし、仲間の叱咤もあり、戦争を終結させるために決意を新たにしたジュドーは生来のバイタリティを取り戻す。そして、彼を慕うプルラビアンローズエマリー・オンスラサラ・ムーンといった仲間達の死を乗り越え、彼らの意思を背負い過酷な現実に立ち向かっていった。ジュドーは人間の可能性を信じ、彼の発した意思は遠く離れていたリィナにも届いている。

第一次ネオ・ジオン抗争の最終局面において、ジュドーはハマーンとの一騎打ちに臨む。ハマーンは決戦の舞台を、ジオン発祥の地であり彼女が初めてジュドーに出会ったコア3の宮殿前へと運ぶ。ジュドーはそれを単なるハマーンの感傷に過ぎないと一蹴した。途中、両者はモビルスーツを降り、生身の戦闘を展開する。この際にもハマーンはジュドーに己の許へと来るように最後の呼びかけを発する。ジュドーはハマーンの存在そのものを否定する言葉を口にし、彼女を拒絶した。憎悪を拡大するハマーンにジュドーは怒り、憎しみ吐き出せと言い放つ。激戦の末、最終的にジュドーはハマーンのキュベレイを撃破する。己の信念を看破され、敗北を喫したハマーンではあったが、その貌は長年の宿業から解き放たれたかの様に安らかであった。優れたニュータイプの資質を持つが故に孤独であり、幼い頃からアクシズを率いる重圧を担い続けてきたハマーンは、いつしか彼女自身をも乗り超える強さを持った存在を待ち望んでいた。致命傷を負ったハマーンは救助の手を差し伸べるジュドーの手を振り切り、大破した乗機を岩盤に激突させ自害する。その潔さを持ちながら、ハマーンが自身の能力を調停に活かさなかったことがジュドーには悔やまれた。しかし、彼の優しさは頑なであった彼女の精神を最期に救ったのである。

戦争終結後、ジュドーは依然として変わらぬ連邦政府高官やエゥーゴ上層部の実態に愕然とし、激しい憤りを感じ涙する。しかし、それでも彼は人間に対する希望を失わず、ルーと共に木星船団ジュピトリスIIに志願する。月面フォン・ブラウン市にて仲間達に見送られる中、彼は消息不明となっていた最愛の妹リィナと再会、抱擁を交わす。一説によれば、彼らと共に戦い抜いたΖΖガンダムも同時にジュピトリスIIに搬入されたという[2]。宇宙世紀0089年3月、こうしてジュドーは木星圏を目指して旅立っていった。

その後のジュドー 編集

ジュドーは『機動戦士ガンダムΖΖ』最終話で木星へと旅立って以降の消息に付いては公式には語られていない。ただし長谷川裕一などによる漫画など、ガンダムシリーズの「正史」には含まれていない非公式作品のいくつかには『機動戦士ガンダムΖΖ』以後のジュドーが登場する。

GUNDAM EVOLVE../10
CGアニメ (OVA) 作品。
木星に向かうジュピトリスにネオ・ジオン残党からの亡命希望者とその追手のMS部隊が迫る。ジュドーは地球から持ち出していたΖΖ-GR(下半身を失っていたΖΖガンダムをジムIII等他機体のパーツで補修した機体)で出撃。これに対応する。
本作のジュドーは敵機より放たれるビームの火線を見切り、ビームサーベルによる斬撃でこれを相殺した他、ΖΖガンダムの複数の火器を同時にドライブし、別個の標的を捕捉し撃破するなど、ニュータイプ専用機並みの戦力を示した。
機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス
長谷川裕一の漫画。宇宙世紀0091年が舞台。
木星圏のオリュンポス・コロニーで暮らしていた(ルーとは離別したらしい)ジュドーのところにアムロ・レイが現れる。二人は協力してネオ・ジオンの残党が発掘した巨大機動兵器「巨神」の発動を阻止し、「巨神」のパイロットとして利用されていたミネバ・ラオ・ザビを救出する。
機動戦士ガンダム ムーンクライシス
松浦まさふみの漫画。宇宙世紀0099年が舞台。
この作品ではジュドーはルーと思われる人物と共に仕事を続けており、木星からヘリウム船団の一員として率いて地球へ帰還し、ビーチャと思われる人物と再会した描写がある。シャアの反乱など地球圏での騒動は知らない様だが、何らかの変化は感じ取ったようだ。
機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート』、『機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人』、『機動戦士Vガンダム外伝
長谷川裕一の漫画。『スカルハート』及び『鋼鉄の7人』は宇宙世紀0133年 - 0136年頃、『Vガンダム外伝』は0153年が舞台。
これらの作品に、地球と木星を往復するヘリウム船団のリーダーで、自前のMSガンプのパイロットとしても優れた腕前を持つグレイ・ストーク[3]というニュータイプの男性が登場する。「木星じいさん」を自称するこの人物は、明言はされていないものの、ジュドーが偽名を名乗っている可能性が示唆されている。どこか彼を彷彿とさせる風貌に加え、ガンプも様々な部品を寄せ集めて改造されているが、実はかつてのΖΖガンダムの成れの果てである(『Vガンダム外伝』で、偽装された頭部のカバーが外され、ΖΖガンダムタイプの頭部が現れている)。
『スカルハート』ではエピソード「最終兵士」に登場。主人公トビアにある依頼を持ち込み、ともに木星軍の残党と戦った。『鋼鉄の7人』ではトビアらから木星帝国の神の雷計画を知らされ怒る1コマのみ登場。
『Vガンダム外伝』では同志たちと共にスペースコロニー2基を連結して世代宇宙船ダンディ・ライオン(雑誌連載時の名称は「ステラ・バース」)を建造し、太陽系外(プロキシマ・ケンタウリ)へ旅立とうとする。またリガ・ミリティアとも協力関係にあったらしく、ダンディ・ライオン内にはVダッシュガンダムV2ガンダムなども置かれていた。
なお、PS2ゲーム『SDガンダム GGENERATION SPIRITS』では、グレイ・ストークが登場しジュドー役の矢尾一樹が演じているが、システム上は別のキャラクターとして扱われている[4]。一方で、トレーディングカードゲーム『ガンダムウォー』のグレイ・ストークのカードには「このカードはジュドー・アーシタと同名とする」という一文が記載されている。

ニュータイプ達とジュドー 編集

アムロやカミーユは共に優れたニュータイプであったが、その能力は彼ら自身の精神を追い詰める要因となった。特にカミーユは高いニュータイプ能力を秘めており、先のグリプス戦役においてその能力を過剰に肥大化させ、その先鋭化し過ぎた感覚は戦場の悪意や哀しみを吸収し、自らの精神を疲労させていった。そして、最終的に彼の強過ぎる力は人間のキャパシティを超え、自我を崩壊に導いてしまった[5]。ニュータイプとして高い共感能力を持つ彼らは、交戦中の敵に対してもシンパシーを感じている。アムロはララァ・スンと、カミーユはフォウ・ムラサメやハマーンと精神を感応させ、ニュータイプとしての共感を示した。

ジュドーは、MSパイロットとして、アムロやカミーユといった稀代のニュータイプ達と同等以上の能力を示した。ニュータイプ能力の本質とは洞察力、認識能力の拡大から生まれる相互理解のための力であり、必ずしもパイロット(戦士)としての戦闘力を示すものではない。後に、ジュピトリス艦長はジュドーを「歴戦のニュータイプ」と評している。

ジュドーはアムロやカミーユらが持ち得なかった逞しいメンタリティを備えており、戦場で悪意と遭遇することはあっても、最後まで己を見失うことなく戦い抜いていった。多くのニュータイプは悪意や悲しみを吸収することで、精神錯乱を起こし自身を見失うことが多々あったがジュドーはより自由であったともいえる。またジュドーの力の源は、ルーやビーチャを始めとする仲間達との絆であり、素直な感性に根ざしたものであった。理不尽な人の死や、エゴイスティックな大義への純粋な怒りはそのままジュドーの力となり、その気迫は時に対峙した強化人間やニュータイプさえも驚愕させている。また、ジュドーはかつてのカミーユのように、カミーユやプルなどの人の意思を力にしている。

パイロットとしての資質 編集

ジュドーはパイロットとして極めて優れた資質を備えており、百式やΖガンダム、そして配備後間もない時期からハイスペック機であるΖΖガンダムを乗りこなした。ジュドーは状況に応じた機微にも富み、大気圏上層における戦闘では、フライング・アーマーやバリュートを必要とせず、軽装のまま出撃できるΖガンダムを乗機として選択した。また、ΖΖガンダム搭乗時には分離合体機構や周囲の地形、ダミー隕石等を利用した奇抜な戦術で窮地を脱するなど、環境利用能力にも秀でている。水中や砂漠といった不慣れな環境においても、局地戦用MSを相手に果敢に戦闘に挑み、ネオ・ジオンの手練達を退けている。ただし、正規兵ではないという事情はあるものの、軍事組織に所属するパイロットとしては多少緊張感に欠ける部分もあり、戦闘中に虚を突かれる場面も見られた。

多くの経験を積み、パイロットとして成長を遂げたジュドーは、ファンネルによるオールレンジ攻撃を回避する他、死角に位置する敵機を狙撃するといった、かつてのアムロやパプテマス・シロッコを想起させる能力を発揮し始める。ジュドーはΖΖガンダムの機体スペック以上の性能を引き出し、当時最強の機動兵器である筈のニュータイプ専用機、サイコ・ガンダムMk-IIやキュベレイ等を撃破するに至っている。彼は、パイロットとしてはアムロやシロッコに匹敵する能力を備えていたといえる。

ジュドーと女性達 編集

ジャンク屋時代からの仲間エル・ビアンノはジュドーに好意を寄せていたが、彼は同じく仲間であるビーチャの彼女に対する想いを知っていたため、気持ちに応えることは出来なかった。エルは、後にビーチャの想いに応えている。 Ζガンダムのメインパイロットであったルー・ルカとは、立場の違いもあってか喧嘩の絶えない仲であったが、共に戦う中で互いに惹かれ合っていった様であり、戦後は共に木星船団へと志願している。ネオ・ジオンの女性士官キャラ・スーンとも浅からぬ縁があり、彼女が捕虜としてアーガマに乗艦していた時期に、親睦を深めている。キャラがジュドーとハマーンを庇って死亡した際、彼は悔やんだ。アクシズ潜入時に出会ったエルピー・プルはジュドーを気に入り、彼を兄の様に慕った。強化人間であるプルは、潜在的にジュドーの乗機ΖΖガンダムへの敵意を刷り込まれていたが、ジュドーはプルを呪縛から解き放ち、ジュドーの感性に惹かれたプルはそのままエゥーゴへと奔走した。プルは、彼女のクローンであるプルツーによって殺害されてしまうが、プルの思念はその後もジュドーを護り続けた。プルツーは当初ジュドー、及びプルへの激しい嫌悪感を抱いていた。しかし、陥落しつつあるアクシズにおいてジュドーと直接対峙した際、プルの幻影に諭されて自分の真意に気付き、マスターであるグレミー・トトを裏切り、ジュドーの許へと赴いている。

搭乗機 編集

アニメ本編での搭乗機 編集

その他の搭乗機 編集

ギャラリー 編集

注釈 編集

  1. 2006年に公開された劇場版『機動戦士Ζガンダム』からは『機動戦士ガンダムΖΖ』のストーリーに繋がらないため、劇場版『機動戦士Ζガンダム』の世界観とは異なる扱いとなっている。
  2. プラモデル「1/100 MG MSZ-010 ΖΖガンダム」組み立て説明書およびOVA『GUNDAM EVOLVE../10』などによる。
  3. 「グレイ・ストーク卿」と書かれることもある。なおこれは小説『ターザン』の父親の名前。
  4. ゲームでは「プレイヤー部隊でユニットとして使用できるようになった原作付キャラクターは、時代が違っても同一人物が登場する作品には出撃出来ない」ルールになっているが、ジュドーは『スカルハート』でも出撃可能。但し『機動戦士ガンダム MS IGLOO』のステージにおいて、シャアの乗っているザクIIが登場するものの顔が出ないためかプレイヤー部隊のシャアも出撃可能という例もある。
  5. 劇場版『機動戦士Ζガンダム』では、カミーユは精神的な疲労を受け流す術を身に付けたことで過剰肥大したニュータイプ能力をも制御できるようになり、監督の富野由悠季の言うところの「究極的なニュータイプ」となった。
  6. アニメ本編での話の展開上等の都合で、コア・ファイターコア・トップコア・ベース(3機の中でZZガンダムにドッキングしないときでもコアファイターが特に多い)等の戦闘機での出撃、戦闘が宇宙、地上問わず多い。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki