Fandom

GUNDAM Wiki

ハヤト・コバヤシ

626このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
機動戦士ガンダム > 機動戦士ガンダムの登場人物 地球連邦軍 > ハヤト・コバヤシ

ハヤト・コバヤシ(Hayato Kobayashi; U.C.0064年 - 0088年10月30日)は、アニメ『機動戦士ガンダム』に登場する人物。後の『機動戦士Ζガンダム』、『機動戦士ガンダムΖΖ』にも登場している。『機動戦士ガンダム』ではモビルスーツパイロット、続編ではカラバの指揮官として活躍した(声:鈴木清信、劇場版『Ζガンダム』では檜山修之[1])。

人物 編集

宇宙世紀では珍しい純粋な日本人とされる。アニメ登場当初は、サイド7に住んでいた柔道(設定によると2段を習得している)を嗜む少年であったが、軍の施設を作るために住居の立ち退きを余儀なくされた経緯があり、軍関係者を父に持つアムロ・レイに対して若干のコンプレックスと反感を抱いていた(同時に、幼馴染みのフラウ・ボゥがアムロに惹かれていることへの嫉妬もあったと見られる)。

柔道を特技とする設定は、第3話でブライト・ノアへ柔道の極意を語る場面、第13話でリュウに背負い投げを決めるシーン、そして劇場版『機動戦士ガンダムII 哀・戦士編』のリュウ・ホセイの死をめぐるアムロとの争いにおいて、アムロを巴投げで投げ飛ばすシーンに活かされた。

漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では、より普通の少年ぶりが強調されている。アムロ、カイ、フラウとは高校のクラスメイト。カイ・シデンとは不良仲間であり、アムロに対しては初期からライバル心をむき出しにしており、ガンダムを任されたアムロに対抗するためガンタンク搭乗員を志願した。リュウやスレッガー・ロウといった古参兵からは「ジュードー」の愛称で可愛がられる。アニメ版とは異なりパイロットとしての腕は成長が見られず、カイばかりかジョブ・ジョン、ダニーらからも遅れをとった。

なお、第一次ネオ・ジオン抗争での死後、ハヤトの名前はかつての仲間がその素性を隠しながら行動する際に活用された。第二次ネオ・ジオン抗争の際、アムロが新生ネオ・ジオンのシンパである活動家グループと接触した際にハヤト・コバヤシと名乗った[2]。また、ブライトラプラス戦争の際、不可解な動きを見せるビスト財団を探る為、旧知のルオ商会へ連絡を取る際にハヤト・コバヤシ名義でメールを送るよう指示していた[3]

劇中での活躍 編集

機動戦士ガンダム 編集

Hayato.gif

全話に登場。アニメ第1話で、ザクIIのサイド7強襲に伴いホワイトベースに避難。第3話ではガンタンクにカイ・シデンと共に乗り、見事にパプア級補給艦を撃沈して初陣を飾っている。

ホワイトベースが地上に降りた第6話からは主にガンタンクの砲手を務める。ガンタンクは当初2人乗りで、操縦手をリュウ・ホセイが担当していたが、第21話でリュウが戦死して以後は単座で操縦できるように改造され、砲手兼操縦手として引き続きガンタンクのパイロットを務めた。

20話では脱走から戻ったアムロに対するブライトの処置に対して「甘過ぎる」と不満を抱き、当てつけるようにカイやハワド、マクシミリアンと共にバギーでホワイトベースを一時的に脱走した。が、追いかけてきたリュウの説得で戻る。

ランバ・ラル隊を打ち破った後の第23話では、マチルダ・アジャン中尉の率いる補給部隊の持ってきたGファイターに緊急的に搭乗。アムロ搭乗のガンダムとの良好なコンビネーションで敵部隊を撃退している。25話のオデッサ戦ではGスカイイージーを操縦し、オルテガのドムを撃破する際にガンダムを再び乗せて好アシストを見せている。また、カイ・シデンが一時的にホワイトベースを降りた27話では珍しくガンキャノンで出撃したが、思うように性能を引き出せずカラハのズゴックに苦戦を強いられていた。

ホワイトベースが宇宙に出てからも、継続してガンタンクに乗り部隊の一戦力として奮闘している。但し、劇場版『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』に於いては後述の小説版に準じ、左胸と右脚に「109」とマーキングされたガンキャノンに乗り換えている(基本的な役回りなどは変わってはいない)。

宇宙要塞ソロモン攻略戦に至る第35話にて出撃時に、ガンタンクのコックピットに至近弾を食らって負傷。彼と機体の戦線離脱によりホワイトベースの戦力は11%低下したと分析されている。この時看護に当たったフラウに、ニュータイプ能力が開花し人間離れしたアムロのパイロットとしての技量への嫉妬と、昔から彼に勝てない自分への嫌悪を語っている(漫画『THE ORIGIN』では、ブラウ・ブロザクレロなどには一方的な敗北を喫しており、口惜しがる様子がより現実味を帯びる描写となっている)。これ以後、アムロと距離を感じていた彼女と急速に親密になっていく。42話では出撃前にオペレーター席のフラウと親しげに話し込む姿も見られた。

宇宙要塞ア・バオア・クー攻略戦が繰り広げられる第43話にて自分の機体を撃破されながらもカイと共に銃撃戦で敵兵に対抗し、最終的にアムロの誘導する声を聞いて乗組員と共に脱出。一年戦争を生き残った。

富野由悠季による小説版では、階級が少尉となっており、アムロやカイと共にニュータイプへ覚醒、ガンキャノン C-109のパイロットとして大活躍する。しかし、ア・バオア・クーにてシャア・アズナブル率いるニュータイプ部隊との交戦中にシャア専用リック・ドムのビームバズーカを食らって撃墜され死亡した。

機動戦士Ζガンダム 編集

終戦後はフラウと結婚し、同時にホワイトベースに乗り込んでいたカツレツキッカを養子として引き取った。軍内部では戦争博物館の館長という閑職に回されていたが、密かに反ティターンズ組織であるカラバに参加しており、エゥーゴのジャブロー侵攻時には戦争博物館を離れて地上に降りたエゥーゴのパイロットを宇宙に帰すためのシャトルを手配するなど、地球側の支援者のキーマンとして活躍した。

また、エゥーゴのジャブロー侵攻と同時にアウドムラの艦長となり、地上での反ティターンズの戦いの中心人物として手堅い指揮官ぶりを見せた。

劇場版の展開に準拠した『機動戦士Ζガンダム デイアフタートゥモロー ―カイ・シデンのレポートより―』では、劇場版において割愛されたダカールでの演説シーンをシャア・アズナブルに代り、ハヤトがストーリーの裏側で行っている様子が描かれている。なお、この後の彼の生死については不明だが、妻子は静岡に移り住んでいる姿が描かれていた。

なお『機動戦士Ζガンダム』の企画書では、この時点で戦死する予定であった[4]

機動戦士ガンダムΖΖ 編集

Hayato a.gif

前作に引き続きカラバの主要メンバーとして登場。第一次ネオ・ジオン抗争では、地球に降下したネオ・ジオンを追撃するジュドー・アーシタらに手を貸す。ダブリンへのコロニー落としの際は、民間人の避難にも尽力した。

カツがグリプス戦役で戦死したという訃報は、既に聞いていたようだがフラウたちにはまだ話していなかった。精神崩壊を起こし、人事不省になったカミーユカツの面影を見ていたところがあった。アウドムラの操艦技術をハマーンに賞賛され、カミーユにみせた気遣いは「さすがホワイトベースの人」とジュドー達に尊敬されていた。

第35話「落ちてきた空」で、ジュドーの乗るΖΖガンダムが合体するのを阻止せんとするラカン・ダカランの搭乗するザクIIIの攻撃からジュドーを守り、ラカンの反撃を受け、被弾。自らを犠牲[5]にしてジュドーを守った末に「聞こえる…カツ…」と言い残しドダイと共に爆散する。

小説版ではジュドー達が乗ったシャトルを守るために、プルツーが駆るサイコ・ガンダムMk-IIに戦闘機で体当たりし、死亡する。アムロもその場に居合わせ、一年戦争から共に戦ってきた戦友の死に激しく落胆していた。また、ブライトはハヤトが戦死したという事実に気付かなかった。

なお、小説『ハイ・ストリーマー』では、アムロは再会したブライトと共にその死を改めて悼んでいた。

ギャラリー 編集

機動戦士ガンダム 編集

機動戦士Ζガンダム 編集

搭乗機 編集

脚注 編集

  1. 鈴木清信の降板理由は、収録に鈴木のスケジュールの都合がつかなかったためとされる。以降、ゲーム作品を中心に『Ζ』のハヤト役は檜山が担当することが多い。
  2. アニメージュ文庫版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』/徳間デュアル文庫『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー』での描写。
  3. 機動戦士ガンダムUC』より。
  4. 学研ムック『機動戦士Ζガンダム 完全収録』
  5. この前にも自爆のスイッチを押そうとしていたが、ジュドーに止められている

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:MSG テンプレート:MSG13

このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はハヤト・コバヤシにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki