Fandom

GUNDAM Wiki

ヘルベルト・フォン・カスペン

625このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

この記事はWikipedia:機動戦士ガンダム_MS_IGLOOの登場人物から転載、一部修正し作成されたものです。転載時期は2011年以前であり、加筆も不十分であるため、不正確な情報や虚偽が含まれているおそれがあります。転載記事についての方針を参照。なお2014年以降は転載による記事の作成を禁止しています。

ヘルベルト・フォン・カスペン声:沢木郁也

人物 編集

第603技術試験隊を編入した“カスペン戦闘大隊”を率いるジオン軍人。階級は大佐。左手(一年戦争の戦闘中の負傷により失われたと言われている)が義手になっているにも関わらず高機動型ゲルググ(グレー系カラーに塗装され、指揮官用ブレードアンテナを装備した専用機。厳密には高機動型ゲルググとは違い、バックパックの形状が若干簡略化されており、高機動型ゲルググ容易型と表記されている事もあるが、詳細は不明)。を操っている事や勲章(その内一つはジオン十字勲章)を三つも付けている事から、彼の戦歴と力量は立派なものだという事が分かる。ジオン独立戦争聖戦と考えているタカ派的軍人。また感情が高ぶると義手をつかんだり、ギリギリと鳴らす癖がある。自分の意見を述べる際、余分なことを付け加えないため誤解を招きやすく、それが原因で603技術試験隊内では浮いた存在となり、特にモニク・キャディラックは不快感を露にしていた。

オッゴの実戦投入につきカスペンは精鋭のパイロット達の赴任を期待していたのだが、上層部の判断により年少兵が送られ激怒する。しかし年少兵の態度を見て彼らを精鋭と認めたようだ。ア・バオア・クー防衛戦では、一番手薄なEフィールドの防衛を命じられた。しかし、ここでも横柄な態度(本人なりに祖国を案じてのものなのだが)が目立ちマイにモビルアーマーでの出撃を間接的に命じる。しかしこれは、整備に手間取るであろうビグ・ラングのパイロットに彼を就かせることで、彼が戦場に出ないで済むようにするためであった。敗戦の事実を知らされたときは一時現実を認めようとしなかったが、ビグ・ラングとオッゴの救援のため自ら出撃することを決めた。最期は自分のゲルググを盾にしてオッゴを守り、壮絶な戦死をとげる。

当初のカスペン戦闘大隊は劇中での発言からソロモン防衛線にて連邦軍の使用したソーラ・システムの照射によって彼以外の隊員は戦死した と推測される。

関連項目 編集

このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は機動戦士ガンダム_MS_IGLOOの登場人物にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki