Fandom

GUNDAM Wiki

ルクス・ハノマアク

625このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

ルクス・ハノマアクLuchs Hanomaack)はアニメ『機動新世紀ガンダムX』に登場する人物。

人物 編集

エスタルドの国家主席補佐官。ウィリス・アラミスに様々な助言を与えつつ、彼の成長を心から願っていた。前国家主席であるウィリスの父からの信頼も厚く、ウィリスに代わり重大な決断を下す権利を遺言によって委ねられていた。

劇中での活躍 編集

ガスタール新連邦との同盟締結を受けて、ウィリスに代わって新連邦への降伏を決断する。ウィリスが国外脱出を中止し宮殿に戻ってきた際には、彼を「真の国家主席になった」と祝福した上で、自分が戦争責任を負うように新連邦と取引した事を明かす。そしてウィリスと民族を守るため、調印式で自らを糾弾するようウィリスに求めた。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki