Fandom

GUNDAM Wiki

ロンド・ベル

625このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

ロンド・ベル は、アニメーション映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』、『機動戦士ガンダムUC』に登場する部隊。綴りはLONDO BELLとされ、アルファベットのLと鈴を図案化した部隊章の設定もあるが、「サウンドトラック」ではRONDO BELLと表記される(なお、英訳には夜警の意味もある)。ゲーム『スーパーロボット大戦シリーズ』では、アムロやブライトらに加え、数多のスーパーロボットが所属する地球圏最強の部隊として描かれることが多い。

概要 編集

宇宙世紀0090年3月21日、武力的な反地球連邦政府活動の取り締まりのために地球連邦軍の外郭新興部隊として設立される。拠点は、サイド1のコロニー・ロンデニオン。 その成立は、第一次ネオ・ジオン抗争後にエゥーゴやカラバの部隊が地球連邦軍に編入されたという説と、コロニーや小惑星に分散していた部隊を再編成したという説がある。初代の旗艦はネェル・アーガマが務め、その艦長であるブライト・ノアが艦隊司令を兼任した。

各コロニーに対する独立捜査権こそ与えられているものの、エゥーゴ時代にネェル・アーガマを支えたガンダム・チームのパイロット達はロンドベル編成時には既に艦を離れており、搭載機であるガンダムタイプのMSも連邦軍上層部によって秘匿、封印され所在不明となった。任務の重大性に比して戦力は質量共に不足しており、宇宙世紀0090年5月にダンジダン派ハマーン軍残党と交戦した際にネェル・アーガマは損害を受けアンマンに撤退。成果らしい成果をあげる事もなくブライトは司令を解任された。 旧ハマーン派を初めとするジオニスト系セクトやその他の反連邦活動の弾圧・残党狩りが目的というその性格上、スペースノイドからは、かつてのティターンズ同様の組織と認識され、憎悪の対象となった。ロンド・ベルは無策な連邦政府とコロニーの民衆との間で板ばさみの立場を強いられ、2年間にわたる調査でもシャアの再武装の兆候を掴むことができなかった。

だが、宇宙世紀0092年12月22日、シャア・アズナブル率いる新生ネオ・ジオン艦艇がスウィート・ウォーターを占拠したことから状況は急転、連邦政府高官のジョン・バウアーは、戦力増強をもって同隊をシャアに対抗できる実戦部隊として再編成する。宇宙世紀0092年12月25日、それまで大気圏周回用のガルダ級に転任させられていたブライトを新造艦ラー・カイラム艦長に任命、軍上層部の危惧により地球上での任務に回されていたアムロ・レイをモビルスーツ部隊の隊長としてロンド・ベルに編入する。以後、バウアーと彼が量産を強行したジェガンを開発・生産するアナハイム・エレクトロニクス社のバックアップにより、ラー・カイラムを旗艦として、ネオ・ジオンの地球潰しを阻止するための行動をとる。

ニュータイプのアムロと歴戦の名指揮官ブライトが所属する部隊という事実は、かつての第13独立部隊(一年戦争当時のホワイトベース隊)同様の無敵の最強部隊であるという印象を周囲に与えた。しかし、連邦政府中枢そのものが「シャアとの和平」が成立すると錯覚しており、ロンド・ベルに「地球の危機と判断した場合は独自の行動をとる」という強大な権限を与えながら「ロンド・ベルは戦争をしたがっている」という評価しかしておらず、部隊の規模としては数隻の艦艇と20機前後のMSを保有する程度でしかない。

ロンド・ベルにおいて運用されていた戦闘艦艇はラー・カイラム級戦艦のラー・カイラム(旗艦)、クラップ級軽巡洋艦のクラップ、ラー・ザイム、ラー・エルム、ラー・チャター、ラー・キェム(一部の資料にはラー・ギエムあるいはラー・ケイムとする資料もあり)、キャロット、テネンバウム、強襲揚陸艦ネェル・アーガマ、アイリッシュ級戦艦数隻がある。なお初代旗艦として運用されたネェル・アーガマは再編成後一旦艦隊編制より姿を消すが、宇宙世紀0096年においても同隊で運用されている。なお、同隊編入後は戦艦から巡洋艦、さらに近代化改修後は強襲揚陸艦に類別されている。

部隊再編後は新型モビルスーツが優先的に配備されており、地球連邦本軍の主力がジムⅢであるのに対し、量産機は制式化されて間もないジェガンで統一されている他、その先行試作機であるジェダなども運用していた。そもそも当時の財政的に逼迫した連邦軍においてジェガン系列が制式化されたのも、やはりバウアー派の後押しがあっての事だった。

しかし、地球連邦軍の高官達は未だにニュータイプに対し恐怖を抱いており、ニュータイプが反乱を起こすのを恐れ、ガンダムタイプのMSの使用を一切禁じ、ZZガンダム以下ZガンダムガンダムMk-Ⅱ百式までをも使用不可としてしまったと言われている。ただし、部隊編成当初のある時期には量産タイプと思しき百式改の配備が確認されている。Zガンダムはこの時点で既に木星船団に持ち出されており、地球圏には存在していなかったという情報もある。

そのため、アムロによるZガンダム等の配備許可申請もなかなか通らず、半ば強引に持ち出し、無理矢理認めさせる形でやっと与えられたのがZガンダムの量産試作機リ・ガズィである。秘匿されたガンダムタイプのMSの所在を得られなかったバウアーは、開発資金とアナハイム・エレクトロニクスのフォン・ブラウン工場を手配することでガンダムを新造するという思い切った手段に出る。これによって開発されたのがサイコミュを搭載したνガンダムである。νガンダムは突貫作業で組み上げられ、ロールアウトで10日、実戦装備のための整備の省略で3日を前倒ししてアムロに引き渡されたが、それでも実際に配備されたのは宇宙世紀0093年3月5日、ネオ・ジオンによる5thルナ落とし後となった。

なお、第二次ネオ・ジオン抗争の終結後もアムロ・レイやケーラ・スゥといった主力パイロット達を失いつつも、同隊は存続する。宇宙世紀0096年を舞台とした『機動戦士ガンダムUC』の時点でも健在である。宇宙に配備されたネェル・アーガマにはジェガンの他に新鋭可変MSのリゼルデルタプラスが、地球に配備されたラー・カイラムにはジェスタが新鋭機として配備されている。

さらに後の時代である宇宙世紀0105年を舞台とした小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』では、ブライトとラー・カイラムは第13独立艦隊に編入されており、この時点でのロンド・ベル隊の状況詳細は不明となっている。ロンド・ベル自体が第13独立艦隊に再編成されたという見解が一般的ではある。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki