FANDOM


厄災戦とは『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 』、またはそれに関連する作品が舞台となった軍事戦争。

概要編集

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の物語の300年前に勃発したとされる惑星間規模の戦争。その余りにも大きな規模により人類の文明は衰退し、地球圏の統治機構は崩壊、月は荒廃する壊滅的な打撃を受けた。P.D.0001年にギャラルホルンが発したヴィーンゴールヴ宣言を各国が受諾したことにより戦争は終結。その後、4大勢力による拮抗状態の平和が維持され続けている。

4大勢力編集

厄災戦終結後に地球の国家群が統合されて出来た4つの経済圏。

アーヴラ
ロシアやカナダ、アラスカ地域を中心とする。代表は蒔苗東護ノ介。クーデリアの交渉によってハーフメタル資源の公正取引に応じる動きが生じ、蒔苗の再選によってそれが本格化する。ギャラルホルンの権威が低下してからは、鉄華団を軍事顧問に迎え、独自の防衛軍を組織する。蒔苗の死後は、蒔苗派のラスカー・アレジが代表となる。
SAU(STRATGIC ALLIANCE UNION)
アメリカ合衆国やラテンアメリカ地域を中心とする組織
アフリカンユニオン
アメリカ合衆国とラテンアメリカ地域を中心とする
オセアニア連邦
日本や中国、インド、東南アジア、オセアニア地域を中心とする。

戦力編集

本戦争での主力兵器はエイハブリアクターを搭載したモビルスーツだったとされている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki