Fandom

GUNDAM Wiki

機動戦士ガンダム サンダーボルト(漫画)

625このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

機動戦士ガンダム サンダーボルト 』(きどうせんしがんだむ さんだーぼると)は、太田垣康男による「ガンダムシリーズ」の漫画作品。

概要編集

※この節はWikipediaより一時転載しています。加筆・修正のご協力よろしくお願いいたします。


小学館の青年漫画雑誌「ビッグコミックスペリオール」2012年No.8(4月13日号、3月23日発売)より連載を開始。 テレビアニメ『機動戦士ガンダム』の「一年戦争」を舞台とした[1]オリジナル作品であり、本作『サンダーボルト』にも人型機動兵器モビルスーツ(以下「MS」)が登場する。だが、作中登場するMSや艦艇などのメカニックは、独自の設定やデザインを盛り込んで大幅にアレンジされている。これらのデザインに対し、太田垣自身は「(自身の手法を)あえて変えようと思わず、自分がメカをデザインする上でこだわる部分やラインを、MSに入れ込んだらどうなるか?を考えながらデザインした」「人型でこだわった時に、どこまで合理的にできるか」「(同じく太田垣が手掛ける)漫画『MOONLIGHT MILE』で現実に近い宇宙開発メカを描いた経験を、『サンダーボルト』の登場MSに反映させている」とコメントしている。 『月刊ホビージャパン』 (HJ) の2012年5月号から連載中のコラボレーション企画「サンダーボルトメカニクス」にて、アレンジされたMSのデザイン画と模型作例が掲載されており、それをまとめたムック本も2013年05月30日に発売された。また、バンダイから市販されている「ガンプラ(ガンダムのプラモデル)」でも、本作専用のカテゴリ「HIGH GRADE GUNDAM THUNDERBOLT(HGTB)」シリーズが展開されている。 なお、このシリーズは他シリーズよりも突起やエッジ部分が鋭く造形されており、ST基準に適合しない対象年齢15歳以上向けの商品となっている。商品のパッケージアートは太田垣自らが描き下ろしている。 2014年のテレビアニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』の作中では、本作をガンダムシリーズ作品の1つとして、登場人物が本作のガンプラについて言及している。 外伝『砂鼠のショーン』は、「ビッグコミック」2013年第11号・第12号に前後編で掲載された。その後、『天才たちの競演』第2巻(小学館ビッグコミックススペシャル、2014年3月28日発売、ISBN 9784091861634)へ収録され、単行本へは2015年2月27日発売の第5集に収録された。 2015年10月28日にはアニメ化が発表された。

連載に至るまでの経緯編集

本作の連載は、神保町の寿司屋で『スペリオール』編集長から持ちかけられ、二つ返事で承諾したとのことである。太田垣は、本作を連載する以前の作品でのコメントで「『ガンダム』はSF作品をやる者にとっては最大の敵。SF作品をやるなら『ガンダム』でやらなかったことをやろうと、『ガンダム』的な要素を排除していた時期がある」と発言していたこともあり、自身が以前は『ガンダム』のいわゆる“アンチ”だと思われていた様だが、Twitter上でガンダムのイラストなどを公開するようになってからはガンダム好きと知られるようになった、と回想している。また「黒澤明の映画作品が好きだがオリジナル作品を作れなくなるので封印している。それと同様に、好きだけどモノマネになるのは嫌なので『ファーストガンダム』映画3部作も10年以上は観ていない。『サンダーボルト』連載のために観返そうとも思ったが、我慢した」とも語っている。

書誌情報編集

単行本編集

  • 第1集 - 2012年11月4日発行
  • 第2集 - 2013年6月4日発行
  • 第3集 - 2014年3月5日発行(特装版あり)
  • 第4集 - 2014年12月3日発行
  • 第5集 - 2015年3月4日発行(限定版あり)
  • 第6集 - 2015年11月4日発行
  • 第7集 - 2015年12月30日発行(限定版あり)
  • 第8集 - 2016年6月25日発行

参考リンク編集

『サンダーボルト』はツイッターの「ガンダム祭り」から生まれた!?

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki