Fandom

GUNDAM Wiki

阿頼耶識システム

623このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

阿頼耶識システム(あらやしきシステム,Alaya-Vijnana System)は『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 』に登場する架空のシステム。

概要編集

厄災戦時のモビルスーツに採用されていたMMI(マン・マシーン・インターフェース)

解説編集

阿頼耶識システム ピアス.jpg

パイロットに埋め込まれたピアス

手術によりパイロットの脊髄に埋め込まれた「ピアス」と呼ばれるインプラント機器をモビルスーツの操縦席にある端子に接続し、ナノマシンを介しパイロットの脳神経と機体を直結システム。これにより、通常はディスプレイなどに表示される機体情報がパイロットの脳に直接伝達され、より直感的な操縦が可能となる。

ピアスの埋め込みは、ナノマシンが成長期の子供でないと定着しないため幼少時に行われる。この手術は非人道的とされており使用は禁止されているが、CGS では少年兵たちに違法な手術を繰り返してきた。そのため、失敗も多く身体付随に至る可能性も非常に高かった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki