FANDOM


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ > ASW-G-08 ガンダム・バルバトス


ASW-G-08 ガンダム・バルバトス(ASW-G-08 Gundam Barbatos)は「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 」および、それをはじめとするガンダムシリーズに登場するモビルスーツ。

概要編集

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の主人公である三日月・オーガスの搭乗機 で「ガンダム・フレーム」を採用した72機の内の1機。本機はその中でも特に汎用性が高く、様々な環境、状況に応じて兵装を換装させることが可能となっている。

火星の砂漠地帯に放棄されていたものを、CGSの社長であるマルバ・アーケイ によって発見され、回収後同社本部施設の動力源として使われていた。

機体編集

第1形態
マルバ・アーケイ が火星の砂漠で発見した最初の状態。両肩の装甲がなく、左腕にはガントレットを装着している。
第2形態
鹵獲したグレイズ の肩部装甲を取り付けた状態。クランク・ゼント との決闘時は左肩のみだったが、宇宙に上がる直前に右肩にも追加された。本体に使用しているナノラミネートアーマーで塗装したため、青と白でカラーリングされている。
第3形態
左腕のガントレットを損傷した際、代わりにガエリオ・ボードウィンシュヴァルベ・グレイズ から鹵獲したワイヤークローを装備した状態。
第4形態
厄祭戦当時の本来の姿。テイワズのデータベースに記録されていた厄祭戦当時の資料を元に同組織「歳星」の技術者の手により再現された。これは、テイワズの代表マクマード・バリストン が三日月の力を認め、採算度外視で改修に踏み切ったものである。
第5形態
地球への降下直前にシュヴァルベ・グレイズから鹵獲したスラスターユニットを腰部に増設。同時にモンターク商会から提供された部品で改修した形態。胸部にガンダム・キマリス への対策としてリアクティブアーマー、新武装として両腕にクタン参型の迫撃砲を装備している。
大気圏突入時に使用不能となった腰部スラスターを外し、サスペンションを地上用に最適化した足首に換装した地上戦用の形態。新武装として、肘部迫撃砲を機関砲へ換装し、大型特殊メイス「レンチメイス」を装備している。
第6形態
第5形態をさらに見直し、最終決戦用に調整した形態。ミレニアム島で喪失した肩部装甲をグレイズリッター から鹵獲したものに換装。胸部には鉄火団のエンブレムが施された高強度の追加装甲を取り付け、集中攻撃を受けやすいコックピットブロックを守っている。また、両腰部に第五形態とは別のスラスターユニットを追加し、各種改修によって重くなった機体の機動力を補っており、継戦能力も向上している。

武装・特殊装備編集

基本兵装編集

メイス
当初バルバトスが所持していた。相手を打ち付け叩き潰す。
太刀
歳星のMS工房から与えられた武器。使い方次第でMSをフレームごと切断する切れ味だが使い方が分からない三日月には当初使いこなせなかった。「軽い」と言われれる。
300mm滑空砲
両手で抱えて実弾を発射する。
60mmマシンガン
解説を入れてください。
ガントレット
バルバトスの腕に付けられていたガントレット。バルバトスが本来装備していたものではない。
GR-Es02 ワイヤークロー
シュヴァルベ・グレイズから鹵獲したもの。ワイヤーを伸ばし相手を拘束する。
迫撃砲
解説を入れてください。
特殊大型メイス「レンチメイス」

打撃に仕える。チェーンソーを内部している。

GR-H01 9.8mバトルアックス
解説を入れてください。
120mmロングレンジライフル
解説を入れてください。
グングニール
キマリスの槍。トライエイジでのみキマリスの装甲を鹵獲したバルバトスが使用

特殊機能編集

ナノラミネートアーマー
解説を入れてください。
阿頼耶識システム
解説を入れてください。

搭乗者編集

関連機体編集

登場作品編集

アニメ編集

ゲーム編集

ガンプラ編集

トリビア編集

  • 本機は敵から鹵獲した武装を換装することで「段階的に進化するガンダム」とされており、本編の形態が変化するごとにOPの映像での姿も変化している。
  • 主人公機としては珍しく、ビーム武装を一切装備していない。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki