Fandom

GUNDAM Wiki

ASW-G-08 ガンダム・バルバトスルプス

625このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ > ASW-G-08 ガンダム・バルバトスルプス


ASW-G-08 ガンダム・バルバトスルプス(ASW-G-08 Gundam Barbatos Lupus)は「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 」および、それをはじめとするガンダムシリーズに登場するモビルスーツ。

概要編集

数々の戦いの後、エドモントンでの戦闘に於いて装甲や装備を失ったバルバトステイワズ の技術により改修された姿。ルプスとはラテン語で狼の意。

機体編集

基本的には腰部スラスターユニットや地上用サスペンションなどバルバトス の第6形態を踏襲しているほか、ガンダム・フレーム の腕部フレームを延長するといった改修が施されている。他に、第4形態に似た肩部装甲が装着され、鉄華団 のエンブレムが刻まれている。

これまでの三日月 の戦闘データを元に徹底的に改修されており、フレームの反応指数も三日月の脳反応に完全一致させることで、阿頼耶識システム の性能をフルに引き出している。

以前よりも曲線が多くなった形状の装甲は被弾時の衝撃を受け流すように設計されている。さらに軽量化も加えたことにより機動力が強化された。

武装・特殊装備編集

ソードメイス
テイワズの技術者が設計した、バルバトスルプス専用のバスターソード形態のメイス。全長はバルバトスルプスとほぼ同じというほど大きいが、本体の軽量化が施されており以前のメイスに比べて細身になっている。しかし、威力はほぼ同様のため、以前に比べて攻撃力はそのままに機動力を活かした戦闘が可能となった。非戦闘時はバックパックに格納してある。
腕部200mm砲
解説を入れてください。
腕部キャノン
解説を入れてください。
小型メイス
解説を入れてください。

搭乗パイロット編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki