FANDOM


GAT-X105 ストライクガンダム(GAT-X105 StrikeGundam)は「機動戦士ガンダムSEED 」および、それに関連する作品に登場するモビルスーツ。

概要編集

地球連合軍の試作型モビルスーツでGAT-Xシリーズ中最後に完成した機体。機動戦士ガンダムSEED において主人公であるキラ・ヤマト が搭乗する機体となっている。

機体解説編集

開発経緯編集

地球連合所属国家の一つである大西洋連邦がオーブ連合首長国公営企業のモルゲンレーテ社の技術協力を受けてヘリオポリスで極秘開発した機体であり、GAT-Xシリーズのデュエル、バスターと同系列のX100系フレームが採用されている。

武装・特殊装備編集

基本兵装編集

  • 75mm対空自動バルカン砲塔システム イーゲルシュテルン
解説を入れてください。
  • 57mm高エネルギービームライフル
解説を入れてください。
  • 対ビームシールド
解説を入れてください。
  • ストライクバズーカ
解説を入れてください。
  • 対装甲コンバットナイフ・アーマーシュナイダー
解説を入れてください。
  • XM404 グランドスラム
解説を入れてください。

ストライカーパックシステム編集

本機最大の特徴でもある装備換装機構。戦況に応じてバックパックや装備を換装することで本機のみで、あらゆる専用機と同等以上の性能を付加することができる。換装する際、ストライカーパックが母艦より射出されるが、パックの中には予備電源を兼ねるバッテリーが内蔵されているため、換装と同時に補給を兼ねることで母艦に戻らずに戦線復帰が可能となっている。この機構が後のモビルスーツ開発に与えた影響は非常に大きく、地球連合軍以外のモビルスーツにも同様のものが搭載されていった。

換装によるバリエーション編集

搭乗パイロット編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki