Fandom

GUNDAM Wiki

GXビット

625このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

この記事はWikipedia:オールレンジ攻撃から転載、一部修正し作成されたものです。転載時期は2011年以前であり、加筆も不十分であるため、不正確な情報や虚偽が含まれているおそれがあります。転載記事についての方針を参照。なお2014年以降は転載による記事の作成を禁止しています。

ビットモビルスーツ (Bit Mobile Suit) は、『機動新世紀ガンダムX』より登場した無人モビルスーツ。ニュータイプが母機となるモビルスーツよりフラッシュシステムによって遠隔操縦する。

機体解説 編集

ガンダムタイプ各機にはそれぞれ専用の、母機と同様の能力や武装を有するビットモビルスーツが制作され、母機一機あたり12機のビットモビルスーツが割り当てられ一つの部隊を構成していた。これらのうちガンダムレオパルド用のGTビットガンダムエアマスター用のGWビット第7次宇宙戦争でことごとく失われたようで、劇中に登場するのはガンダムX用のGXビットのみである。

ガンダムタイプ以外でも戦後制作されたラスヴェートのためにビットモビルスーツが制作されている。これは母機と外見が頭部含め全く同じという特徴を持つ。これは敢えて同じ外見にすることで母機の存在を隠匿し、集中攻撃を避ける目的があると思われる。

月面基地には自衛用のビットモビルスーツが配備され、D.O.M.E.の意志によって動かされていた。月面基地を制圧しようとするものを退ける一方で、真実を知るべき人々に対してはこれを導く役目も果たした。

劇中での活躍 編集

第18話で海中にて発見される。フリーデンアイムザット率いる連邦軍艦隊との交戦中、ルチル・リリアントの助力を受けたジャミル・ニートによって起動され、彼のコントロールによって多数のドートレス・フライヤーを一方的に撃破した。連邦軍艦隊が撤退した後、ジャミルのGXディバイダーによって全機破壊された。

関連項目 編集

この項目「GXビット」は、ガンダムシリーズに関する書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めていますP:アニメ/PJガンダムシリーズ
このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はオールレンジ攻撃にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki