FANDOM


LRX-077 シスクード(LRX-077 Sisquiede)は「SDガンダム GGENERATION モノアイガンダムズ」をはじめとするGジェネレーションシリーズに登場するモビルスーツ。

概要編集

ティターンズが開発し、エゥーゴに強奪された護衛用迎撃試作モビルスーツ。名前の意味は『左腕の盾』。

機体解説編集

目的のポイントまで高速で移動し、広範囲に渡り敵の攻撃を無効化するといった任務が与えられた機動力の高い機体。コスト度外視で機動性を追求した設計がされているが、通常時はリミッターにより制御しているためオールドタイプのパイロットでも操縦可能。このリミッターを解除した状態を『オフェンスモード(後述)』と呼ぶ。

開発経緯編集

ティターンズの軍事計画『プロジェクト・セイレーネ』において中心となるモビルアーマー『テラ・スオーノ』の護衛機としてデスパーダと同時期に開発された兄弟機である。

武装・特殊装備編集

基本兵装編集

Iフィールド・ランチャー
シスクードの主装備。ロングライフル、メガカノン、Iフィールドジェネレーターを組み合わせた攻防一体となる武器だが、その分大きく取り回しが悪い。
ビーム・サーベル
通常のビームサーベル。

オフェンスモード編集

前述のリミッターを解除した状態。さらに上に「オフェンスモード2」があり、全出力をフル稼働させることでニュータイプの反応速度すらも凌駕する機動性を発揮する。しかし、それゆえにパイロットにかかる負荷は絶大であり、強化人間ですら対応できず、開発であるライプチヒ研究所には乗りこなせる者がいなかった。

搭乗者編集

登場作品編集

トリビア編集

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki