FANDOM


ブラウ・ブロは、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』に登場する、兵器。ジオン公国軍の開発したモビルアーマー。(型式番号:MAN-03)

機体解説 編集

フラナガン機関で開発されていたニュータイプ専用モビルアーマーの第1号機。機体本体より有線制御されるメガ粒子砲塔(連装2基と単装2基)を射出して攻撃する(オールレンジ攻撃)。機体は3つのブロックからなり、それぞれ独立行動も可能(分離/合体メカではなく、被弾時の緊急脱出用)。更に劇中未使用だが、右ブロックと左ブロックにジョイントしたエンジン部も切り離せ、設定上は5ブロックからなる。塗装は灰色と紫色。

サイコミュ搭載機。砲手と操縦手の最低2名が搭乗することによって、オールドタイプでも操縦・戦闘が可能。理想は各端末につき一人ずつの砲手(計5人)。戦闘艦艇や攻撃ヘリコプターのような通常兵器の延長線にある機体である。

巨大な突撃艇で、四肢を持たぬ為にAMBACは不可能。機体周囲に機動バーニア(砲口にも見える孔)が配される。MSの胴体とほぼ同サイズの各メガ粒子砲塔は艦載砲並に強力で、劇中ではガンダムのシールドを一撃で砕いている。コントロールとエネルギー伝導ケーブルを兼ねるワイヤーの長さは小説版によると1Kmである。ワイヤレス型攻撃端末より射程距離は短い。砲のエネルギーは本体から直接供給され、かつ主機自体に余裕があり速射性が高く、立て続けの発砲が可能。ビットと異なり敵ニュータイプに思念波を察知されづらい。

全52話の予定で書かれていたいわゆるトミノメモによると、当初の呼称はゲルググ(但しモビルアーマーではなくモビルスーツ)だった。

劇中での活躍 編集

初登場はTVアニメ版『機動戦士ガンダム』第33話冒頭、ホワイトベースサイド6に入港する場面である。この時は機能テスト中にGアーマーと偶然遭遇、ダメージを受け撤退し、シムス・アル・バハロフ中尉は搭乗していた右ブロックを分離させて逃げる。

その後、第39話に再登場。このときはシャリア・ブル大尉とシムス中尉が搭乗、地球連邦軍に占領されたソロモンに駐留するホワイトベースへ奇襲を仕掛ける。機体本体のいる位置からは想像もつかないところから攻撃し、また攻撃を受ければニュータイプ専用機ならではの機敏さで回避し、迎撃に出たホワイトベースのモビルスーツ隊を翻弄する。しかし、ニュータイプの片鱗を見せ始めていたアムロ・レイガンダムの操縦系統をオーバーヒートさせながらも撃破する。なお、シムスはシャリア・ブルのモニターの為に同乗し、操縦・戦闘はシャリア・ブル1人で行うとされる。

第42話ではア・バオア・クー宙域で一機登場する。劇場版には登場しない。

なお、本機以降歴代のガンダム作品(非宇宙世紀作品も含む)において、「操縦手とサイコミュ操作手が別々に分乗し、役割を分担できるオールレンジ攻撃機」は登場していない。

ギャラリー 編集

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki