Wikia

GUNDAM Wiki

MS-04 プロトタイプ・ザク

トーク0
1,909 件の記事が
このウィキにあります
諸元
プロトタイプ・ザク
Ms-04
型式番号:MS-04
所属:Zeon
製造:ジオニック社
ズム・シティ工廠
頭頂高:17.5m
本体重量:57.4t
全備重量:72.5t
ジェネレーター出力:953kW
推力:43,000kg
武装:試製100mmマシンガン
初期型バズーカ
乗員人数:1
搭乗者:エリオット・レム
ミオン・ホシオカ
ランバ・ラル
  

プロトタイプ・ザク (Prototype Zaku) は、バンダイ発行の雑誌「SDクラブ」の連載企画『大河原邦男コレクション』 (M-MSV) に登場する、ジオン公国軍の試作型モビルスーツ。(型式番号:MS-04)

機体解説 編集

MS-03の3号機を改良して製造された。次に開発する初の量産型モビルスーツの名称を「ザク」(ザクI)と決定したため、本機はプロトタイプ・ザクという名称になった。

一説によれば初めて核融合炉を搭載したとされる。搭載している核融合炉はZAS社のZAS-X7試作型。

備考 編集

設定は『GUNDAM CENTURY』から存在しており、『モビルスーツバリエーション』においても記述がある。 漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では、デザインの異なる機体が登場している。MS-03を意識したデザインであり、頭部形状などはアーリー・ザクに近い。劇中でランバ・ラルが搭乗し、史上初のモビルスーツによる戦闘が行われている。

関連項目 編集

外部リンク 編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア