Fandom

GUNDAM Wiki

MS-06R サイコ・ザク

626このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

MS-06R サイコ・ザク(MS-06R PsychoZaku)は「機動戦士ガンダム サンダーボルト 」および、それに関連する作品に登場するモビルスーツ。正式名称は『リユース・P・デバイス装備高機動型ザク』

概要編集

※この文節は暫定で公式サイトの紹介文を引用しています。


リビング・デッド師団で研究開発された「リユース・P・デバイス装備高機動型ザク」は、制式名称が長いため、バロウズ艦長により「サイコ・ザク」と呼称された。パイロットの脳から発信される電気信号をモビルスーツの駆動系に直接伝達して機体制御を行うリユース・P・デバイスの実験機であった高機動型ザクⅡをもとに開発。ダリル・ローレンツ少尉専用機として運用され、対フルアーマー・ガンダム戦に投入される。ザクⅡを素体としているため、足底面には足場となるデブリ等に固定可能なクローを装備。暗礁宙域仕様として関節部にシーリング処理が施され、背部に装着した大型ランドセルにロケットブースター2基と大型ロケットブースター1基を装備してスラスター推力を増強、高機動高出力を実現した。本来、高機動タイプのモビルスーツの操縦は高度な技術や豊富な経験が必要だが、リユース・P・デバイスの支援によってスナイパー出身のダリル少尉にも自在な機体制御が可能となり、単機で敵艦を撃沈する戦果を上げる。大型ランドセル上部にサブアーム2基を装備し、サブアームはロケットブースターのラッチから外した武装の交換のほか、保持した火器の使用も可能である。武装はビーム・バズーカのほか、ジャイアント・バズ、ザク・マシンガン、ヒート・ホーク、シュツルム・ファウスト。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki