Fandom

GUNDAM Wiki

MS-06 ザクⅡ

626このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

MS-06 ザクⅡ(MS-06 Zaku II)は「機動戦士ガンダム 」および、それをはじめとするガンダムシリーズに登場するモビルスーツ。インフォボックス表記のスペックは双葉社刊「ガンダムの常識」掲載のもの。

概要編集

機動戦士ガンダム』におけるジオン軍の主力量産型モビルスーツ。ジオン軍モビルスーツの特徴でもあるモノアイをはじめ、右肩のシールド、左肩のスパイクが特徴。一年戦争序盤において大艦巨砲主義の連邦に対し、その数と機動力で壊滅的な打撃を与え、宇宙戦争においてモビルスーツの優位性を決定づけた機体である。そして、初のモビルスース戦をした事でも有名である。その生産数はザクⅠを合わせて約8,000機と言われている。

名称について編集

名称に付いている「Ⅱ(ローマ数字の2)」はテレビアニメ『機動戦士ガンダム』放送終了後に後付けされた設定である。大半の場合「ザク」といえば本機を指すが、劇中に旧式である「ザクⅠ」も登場するためそちらと分ける場合は「ザクツー」や「MS-06」と呼ばれることが多い。また表記に関しても公式でも統一されているわけではなく、「ザク」「MS-06 ZAKU II」「MS-06ザクII」と記述が混同している。

型式について編集

本項では「MS-06」について解説しているが「MS-06F」と混同されることが多い。MS-06Fは中期量産型ザクとなり、スペックも異なるので注意が必要である。ちなみに「MS-06C」は初期量産型ザクを指す。

機体解説編集

開発経緯編集

ザクⅠのジェネレーター出力の低さなどを問題視し、ザクⅠの構造を根本から見直し再設計した機体が本機である。主にザクⅠにおける動力伝達装置などを変更し性能を向上させることに成功した。

武装・特殊装備編集

基本兵装編集

ザク・マシンガン
編集お願いします。
ザク・バズーカ
編集お願いします。
ヒートホーク
編集お願いします。

マゼラ・トップ砲

劇中での活躍編集

編集お願いいたします。

機体バリエーション編集

カテゴリ:ザクシリーズを参照

登場作品編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki