FANDOM


ネモNEMO)は、『Z-MSV』および『機動戦士ガンダムUC』に登場する兵器。エゥーゴの量産型モビルスーツ(型式番号:MSA-004K)。

機体解説 編集

『Ζ-MSV』において設定された機体。 当初の設定ではネモIIとは別開発の新規機体であり、左肩側にビームキャノンを一門装備する火力支援型の機体とされ、ネモⅡに代わり配備されたこととなっている。また、ロールアウトは宇宙世紀0088年の1月18日であり、ブレックス・フォーラの暗殺によるアナハイム社とエゥーゴ間の疎通混乱で本機の完成はグリプス戦役末期まで遅れた、とも記述されている。 漫画『ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム』にも登場しており、宇宙世紀0090年にガンキャノン・ディテクター、バージムと共にコロニー防衛のために出撃した。 OVA『機動戦士ガンダムUC』においては、連邦軍トリントン基地所属の本機が出撃せんとする中、ジオン残党軍のザクI・スナイパータイプの狙撃により撃破されている。 ゲーム『機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威V』の設定では、対艦・対MA(モビルアーマー)戦に臨める高火力を発揮するとされる。 なお、『Ζ-MSV』によると、ビームキャノンの出力は5.4MWとなっている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki