Wikia

GUNDAM Wiki

MSK-008 ディジェ

トーク0
1,926 件の記事が
このウィキにあります
諸元
ディジェ
Msk-008 2
所属:Aeug
開発:カラバ
製造:アナハイム・エレクトロニクス社
生産形態:試作機(改装)
頭頂高:18.4m
全備重量:51.8t
武装:バルカン砲×2
ビーム・ライフル
ビームナギナタ
クレイ・バズーカ
乗員人数:1
搭乗者:アムロ・レイ
クワトロ・バジーナ(小説版)
アポリー・ベイ(小説版)
搭載艦:アウドムラ
  

ディジェ (DIJEH) は、アニメ『機動戦士Ζガンダム』に登場する、カラバの試作型陸戦用MSである。(型式番号:MSK-008)

機体解説 編集

リック・ディアスをベースに開発された、いわば「陸戦型リック・ディアス」とも言える機体。そのためコクピットも頭部に配置してある。エゥーゴジャブロー降下作戦以降、多くのMSパイロット達は機体をカラバに託しシャトルで宇宙に帰還したため、アウドムラに残されたアポリー・ベイ中尉のリック・ディアスは以降、カラバに参加したアムロ・レイ大尉の使用機となっていた。ディジェはその機体を改装したワンオフの試作機である。アナハイム社キャリフォルニア工廠の旧ジオン系の技術者が開発に参加していることから、一年戦争時の名機ゲルググに似たフォルム(特に頭部のデザイン)となった。背部バインダーは陸戦用に換装された放熱フィンであると言われている。アムロ専用機としては、唯一のガンダムタイプ以外のMSである。

武装はリック・ディアスに準じているが、ゲルググの様にビームナギナタも装備している。またビームライフルは百式用を流用している。

劇場版機軸で描かれた漫画『機動戦士Ζガンダム デイアフタートゥモロー ―カイ・シデンのレポートより―』によると、本機を一年戦争後の幽閉生活から解放されたニュータイプ・アムロ・レイ復活の象徴にするというハヤト・コバヤシの意見を元に、アナハイム社は本機のガンダムタイプへの外観変更を依頼されていたとの説がある。この案は、反ティターンズの同志でもあるジオン残党への配慮から、現在のジオン系MSタイプの外観となったが、急な換装依頼だったため、モノアイの裏側にツインアイ用のソケットが残されているなど、直前までガンダムタイプとして開発していた名残が見られた。なお本作では、「SFS搭乗飛行時の空力特性を優先して、リック・ディアスにもガンダムにも似ていない曲線的なデザインになった」という設定である[1]。ただし、この作品自体は公式設定という訳ではない。

また、漫画『機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画』では、カラバに参加したフィーリウス・ストリームら元ギレン親衛隊が当機への搭乗を示唆する描写があり、数機確認できることから量産された可能性もある。ただし、この作品自体は公式設定という訳ではない。

劇中での活躍 編集

陸戦用ではあるが、本編では専らドダイ改に乗って空中戦を行っている。戦闘のために地上に降りたり、ビームナギナタを用いて接近戦を仕掛けたりする描写はなかった(ただし陸戦専用で宇宙で使用出来ないとの設定はなく、旧連邦軍ノーマルスーツのアムロとネモ用ライフルを持った本機との、宇宙を背景にしたイラストが描かれている[2])。

第35話でティターンズのキリマンジャロ基地付近に降下したカミーユ・ビダンのΖガンダムとクワトロの百式を出迎えるように登場。サイコ・ガンダムを中心としたティターンズの防衛隊とドッグファイトを繰り広げた。

第36話では吹雪のキリマンジャロ基地構内で戦闘、サイコ・ガンダムと対峙するΖガンダムを援護し、サイコガンダムに搭乗したフォウ・ムラサメの最期を見届ける。

第37話では、ダカールの連邦議会を占拠するため、クワトロを送り届けた。

第38話では宇宙に戻るカミーユとクワトロを防衛するために奮闘、ガルダ級メロゥドジェリド・メサバイアランを撃墜した。

小説版にはアムロ用とシャア用の2機存在すると解釈できる記述がある。3巻においてシャアがディジェに搭乗してキリマンジャロ攻略戦に参加しようという描写がある(しかしシャア用に用意された機体はアポリーの乗る百式が大気圏外から降下してきたため、実戦ではアポリーが搭乗することとなった)。アムロは3巻のこの時点では補修してきたリック・ディアスを使用、と記述してある。4巻での記述では、アムロはディジェに搭乗している、とある。アムロのディジェ=補修してきたリック・ディアス、と解釈するなら、小説版においてディジェはアムロ用とシャア用の2機存在することになる。

劇場版『機動戦士Ζガンダム』ではディジェは登場しなかったが、前述の漫画『デイアフタートゥモロー』にて存在が確認されている。

ギャラリー 編集

脚注 編集

  1. これは、同作でアムロ自身がディジェに求めた事であり、デザインに不満はなかったようである。
  2. 角川書店刊:Newtype100%コレクション「機動戦士Ζガンダム」メカニック編

関連項目 編集


このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は[[Wikipedia:ja:|]]にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア