Wikia

GUNDAM Wiki

MSN-01 サイコミュ高機動試験用ザクII

トーク0
2,830 件の記事が
このウィキにあります
諸元
サイコミュ高機動試験用ザクII
PSYCOMMU SYSTEM ZAKU
Msn-01
型式番号:MSN-01
所属:Zeon
開発:ジオニック社グラナダ工廠
頭頂高:17.2m
本体重量:65.4t
武装:不明、または有線式5連装メガ粒子砲×2
  

サイコミュ高機動試験用ザクIIはアニメ『機動戦士ガンダム』に端を発したモビルスーツバリエーション (MSV)シリーズに登場する兵器。ジオン公国軍の試作型ニュータイプ専用MS(型式番号: MSN-01)。

機体解説 編集

プラモデル企画『MSV』に登場するジオン公国軍の試作型ニュータイプ専用MS(型式番号:MSN-01)。「サイコミュシステム高機動試験機」とも呼ばれる。ニュータイプ用MSの型式番号「MSN」を初めて付けられた機体でもある。

前述のサイコミュ試験型ザクでは、MAのような高速、高機動時のサイコミュ運用試験ができなかったため、急遽、MS-06Zの2号機を改造したもの。MSの両脚部分を大推力の熱核ロケットエンジン2基に変更し、高速運用時におけるサイコミュ試験、両腕の有線式メガ粒子砲の動作試験などを行えるようにした。もはやザクの面影は頭部を除いて残っていない。塗装は各所に赤色のラインが施された白系統。

ただし、急遽行われた改造のため、推進装置の燃料積載量までは考慮されておらず、高い機動性能とひきかえに稼働時間が極端に短かった(ただし本機は試験機であったため、特に問題にはならなかった)。このために後のジオングは、以上の結果から得た試験データを活用しつつ、新たに設計されることとなる。

劇場アトラクション『ガンダムクライシス』では、青紫色に塗装された当機が、連邦軍が占拠して間もないソロモンに襲撃する姿が確認されている。

ギャラリー 編集

関連項目 編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキ