Wikia

GUNDAM Wiki

NRX-0013 ガンダムヴァサーゴ

トーク0
2,830 件の記事が
このウィキにあります
諸元
ガンダムヴァサーゴ
Nrx-0013
型式番号:NRX-0013
分類:高出力型MS
所属:New-efsf
生産形態:ワンオフ機
頭頂高:17.8m
武装:メガソニック砲
ビームサーベル
ストライククロー×2
クロービーム砲×2
ストライクシューター×2
搭乗者:シャギア・フロスト
  

NRX-0013 ガンダムヴァサーゴ(Gundam Virsago)は、『機動新世紀ガンダムX』に登場する兵器(モビルスーツ・MS)。

機体解説 編集

第7次宇宙戦争終結後の混沌としたMS開発状況のもと、連邦政府再建委員会が次世代型ガンダムを模索して開発した機体。ガンダムベルフェゴールをはじめ多くの実験機による試験運用結果をふまえ、ニュータイプ対応装備として操縦系統にフラッシュシステムを組み込んでいる。ジェネレーターの出力が高く、パワーウェイトレシオの面においては過去のガンダムタイプの機体を凌駕する。背部には大型のラジエータープレートを装備しており、高出力ジェネレーターの搭載によって発生する熱を効率的に機外へ排出する。また、このユニットは高性能のフレキシブル・バインダーとしても機能し、機体の運動性を高めるとともに展開時には揚力を発生。スラスターの出力も強力であり、機体自体の運動性と相まって、優れた高機動戦闘能力を発揮する。

主力兵装として腹部に大口径メガ粒子砲「メガソニック砲」を搭載し、強力な火力を備える。メガソニック砲はコンデンサーのエネルギー変換効率が高く、マイクロウェーブ送信による外部電源を用いることなく、内蔵電源のみで高い威力を発揮する。ビーム収束率の任意調節が可能であり、拡散モードでの使用時には広域制圧兵器としても威力を発揮する。発射の際にはラジエータープレートを展開し、上下に分割した腹部装甲の隙間から砲口を露出する。伸縮式の腕部には「ストライククロー」を装備し、フレキシブル・アームとインナーフレームの展開により、自由度の高い打突兵器として機能する。このストライククローはメガソニック砲を発射する際に姿勢制御のためにアンカーとしても用いられる。その他にアーム先端のクロービーム砲、及び高出力のビームサーベル1基を装備する。この二種類の武装は機能的には標準の域を出ないものだが、ストライククローと併用しての多角攻撃が、その本来の威力を増幅させる。また、追加武装として3連ビーム砲とクローを合わせた複合兵器「ストライクシューター」2挺を装備可能であり、格闘・射撃両面の性能を同時に強化することが出来る。

ガンダムヴァサーゴは火力・機動力ともに優れたバランスの良い機体として仕上がっており、ガンダムエックスと比較しても何ら遜色の無い性能を持つ。この事は、戦後15年を経て既に連邦政府のMS開発技術が戦前と同等以上の水準にまで回復したことを窺がわせるものである。試作機の一機がシャギア・フロストの乗機として実戦投入され、かつてのガンダムタイプを相手にその性能を遺憾なく発揮している。

ギャラリー 編集

  • Megasonic gun open and strike claws deployed

関連項目 編集

Bright1 この項目「NRX-0013 ガンダムヴァサーゴ」は、ガンダムシリーズに関する書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めていますP:アニメ/PJガンダムシリーズ

ウィキアネットワーク

おまかせウィキ