FANDOM


RB-79F ボールF型は大河原邦男のメカニックデザイン企画「MSV-R」に設定された地球連邦軍のモビルポッド。

概要 編集

「RB-79ボール」の実戦での損耗率の高さを軽減すべく連邦軍技術陣は軍上層部の改修要請に3つの改修案を提示。その中から短時間で効果が出来るプラン「RB-79YC」案の採用を決定して生産された機体。

機体解説編集

プラン「RB-79YC」は、機体後方にプロペラントタンクとスラスターを装備したブースターパックを装着して機動力向上、機体各所に装甲板を追加装備して防御力の向上を計る物で、採用の要因は既存の生産ラインをそのままに、追加装備のラインを整備するだけで生産が可能で、配備されている機体にも比較的容易に改修作業が行える事が利点であり緊急性を要するこの問題に早期に取り掛かれる事であった。

プラン「RB-79YC」は制式採用され「RB-79F ボールF型」とし型式Noが与えられ生産と既存機体の改修が行われた。

改修要項編集

「RB-79F ボールF型」の背面に追加されたランドセルは、カートリッジ式のプロペラントタンクと3基のスラスターからなり機動性の向上と運用上の効率化も計らた。この改修により機動性能は飛躍的に向上し、空間戦闘機に近いものになったと好評であった。防御力の改修はコクピット周りを中心に装甲を追加し強度をアップさせる事とし、使用する装甲部材は合成樹脂製の衝撃吸収材を挟んだ三層構造で標準装備された。またこの装甲は「RB-79ボール」にも追加装備可能で前線で多くが現地改修された。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki