Fandom

GUNDAM Wiki

RB-79M ボールM型 (ボール機雷散布ポッド装備タイプ)

626このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

RB-79M ボールM型 (ボール機雷散布ポッド装備タイプ)RGM-79 ジムの実用化以前に作業用スペースポッドから生まれた対MS迎撃用RB-79 ボールを対艦戦用改修型。メカニックデザイン企画『MSV-R』に登場[1](型式番号:RB-79M)。

概要 編集

ルウム戦役でのジオン公国軍のMS「ザク」の脅威を受け地球連邦軍はMS開発・運用計画「V作戦」を計画したが、MSの開発実用化までのギャップを埋める必要に迫られ急遽製造されたのがRB-79ボールであった。もともとスペースポッドとして艦船よりも小回りが利き非常に安価かつ短期間に改修・生産出来る事が開発の経緯である。

機体解説 編集

スペースポッドに装甲と武装(上部に180mm低反動砲:1門)施したRB-79 ボールは複数の機体の弾幕をにて遠距離からMSを撃破する戦術をとっていたが、ザクの機動性の前に回避され接近戦になり機動性の低さから多数撃破された。この事から連邦宇宙軍上層部は機体の改修や戦術の再検討を要請、提案された改修計画の中の1つで、対艦船攻撃用の戦術用に改修されたのがM型:通称ロッカーボールである。機体後方に展開式の機雷収納庫(既存の大型コンテナ改造)を装備し、片側に「MNB-05E 浮遊機雷」を24基、合計48基を積載可能としていた。機雷収納庫には8基、装着基部上に2基の姿勢制御用スラスターを追加して、機動性を確保している。機体頭頂部には主砲に代わり正確な位置測定を行う計測システムを内蔵した「VLBI-C2ポッド」と発信アンテナが装備された。

運用と戦果 編集

この機雷散布型の運用は主に地球軌道上や月軌道上の他、各コロニー間やラグランジュポイント間のジオン公国軍艦艇が航行すると推定される宙域に事前に機雷を設置する方法や艦隊戦時に敵艦隊に機雷を散布するなどの戦術を取り、ジオン公国軍パトロール艦を多数撃沈・撃破している。運用方法の変更によって損害は低下したが機動性の低さは改善されず、機雷散布中に敵MSに攻撃を受け撃破される事も多くRGM-79 ジムの実戦投入までに多くの機体を失っている。

RGM-79 ジムの実戦投入後は一部で機雷散布任務を行っていたが、大反抗作戦に向けてジムの不足を補う為に残存するM型はすべて180mm砲装備型で機動・防御力を強化した「RB-79F」や二連装機関砲装備型(RB-79K)に改修され前線に投入された。この為M型は実機が存在しておらず、また多くの運用経験者が戦死した為、運用方法や戦果についての詳細は不明な点があり、FSSによって現在も調査中である。

脚注 編集

  1. 漫画『機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』の方で先に登場している(2010年8月号)。『MSV-R』は2010年10月号。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki