FANDOM


RB-79 ボール(RB-79 BALL)は「機動戦士ガンダム 」および、それに関連する作品に登場するモビルスーツ。

概要編集

宇宙空間作業用ワンマンポッド「SP-W03」に180mm低反動砲(ガンタンクと同一のもの)を1門装備した試作機「RX-76」をさらに改修して作られた戦闘用モビルポッド。その名の通り、球状の形をしており、2本のマニピュレーターを搭載している。一般的にはモビルポッドと分類されるが、ゲームなど媒体により「モビルアーマー」「戦闘ポッド」「簡易型モビルスーツ」と呼ばれることもある。

機体編集

開発経緯編集

RGM-79 ジム を量産する際、ロールアウトした機体が予定していた性能よりも大幅に下回った。そのため、集団戦法の採用が急務となり、その支援をするために低コストで量産するために開発された機体である。

武装・特殊装備編集

基本兵装編集

  • 180mm低反動キャノン
本機唯一の戦闘用装備。ガンタンクと同一のものを流用いるため、威力自体は高い。回転式タレットに装備しているため、砲台自体が回転して砲撃することが可能。

その他の装備編集

  • マニピュレーター
元々は作業用ポッドのため、2本のマニピュレーターを装備している。
  • 高機動バーニア・システム
一般的なMSならばAMBACシステムを採用しているが、これには一定以上の質量のある四肢が必要となるため、バーニアを装備して姿勢制御をしている。

サンダーボルト版編集

Infobox rb79 e

機動戦士ガンダム サンダーボルト 』に登場する機体はムーア同胞団に配備された際に、着艦用のソリと、マニピュレーター2基に1門ずつマシンガンが増加され、背面に4基のスラスター、底面に1基のスラスターを装備している。ビーハイヴには、リビング・デッド師団との攻防で喪失した戦力を補うため、さらに追加で12基が配備された。

機体バリエーション編集

登場作品編集

トリビア編集

脚注編集

注釈編集

出典編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki