Wikia

GUNDAM Wiki

RGM-79[GRS]装甲強化型ジム

トーク0
2,105 件の記事が
このウィキにあります
諸元
装甲強化型ジム
Rgm-79-grs
Rgm-79-grs-camo
所属: Efsf
製造:地球連邦軍
生産形態:量産型改修機
全高:18.0m
全備重量:59.5t
武装:ハイパーバズーカ
100ミリマシンガン
ブルパップ・マシンガン
ビームサーベル
ビーム・ガン
シールド
ビーム・スプレーガン
乗員人数:1人
搭乗者:デービッド・タッカー
地球連邦軍一般兵
その他:ホバーユニット
  

装甲強化型ジム

機体解説 編集

RGM-79 ジムのバリエーション機体の一つ。 木々などが生えていない見通しのよい乾燥地帯では被弾率が高く、直撃弾からパイロットを守ることが できる強力な装甲と防砂処理を施したMSの需要が高まったため制作された機体。 リアクティブアーマーを装備し防御力を向上させた。また重量が増加したことによる機動性の低下を ホバーエンジンで補っているため、重装甲ながら高速移動が可能となった。 主にアフリカや中近東にかけて配備された。


初登場のゲーム『ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079』ではMS-09 ドムと同じ性能を有しており、非常に厄介な敵として登場する。 本編の後半と本編の2周目以降から登場し、その機動性と重装甲が脅威となり、ドム以外のMSでは撃破が難しい。 また武装も一撃必殺の威力を誇るハイパーバズーカビームサーベルなどを装備しているため、それらの射程をこえる武装が必要となる。

関連項目 編集

Bright1 この項目「RGM-79[GRS]装甲強化型ジム」は、ガンダムシリーズに関する書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めていますP:アニメ/PJガンダムシリーズ

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア