Wikia

GUNDAM Wiki

RGM-79FC ストライカー・カスタム

トーク0
1,921 件の記事が
このウィキにあります
諸元
ストライカー・カスタム
Striker Custom
Rgm-79fc
型式番号:RGM-79FC
所属:Efsf
生産形態:試作機
頭頂高:18.0m
本体重量:50.2t(45.2t)
全備重量:76.3t
ジェネレーター出力:1,380kW
推力:94,000kg
装甲材質:チタン・セラミック複合材
武装:ビーム・サーベル×2
頭部バルカン砲
スパーク・ナックル×2
バースト・ナックル×2
ナックル・ダガー×2
シールド
搭乗者:イットウ・ツルギ
ボンチャイ・ヤスコビッチ
ユージ・アルカナ
  

ストライカー・カスタム

漫画『機動戦士ガンダム カタナ』に登場する地球連邦軍の試作型MS。

機体説明 編集

ジム・ストライカーの流れを組む格闘戦を重視したエース専用機の一つとして一年戦争後に開発された機体。「ジム・ストライカーの次世代対応型モデル」と位置づけられ、宇宙空間でも使用可能。ジム・ストライカーと同様全身にウェラブル・アーマーを装着しているが、頭部はガンダムタイプに変更され、白を基調としたカラーリングが施されている。他にもユージ・アルカナが搭乗する紺色主体のネメシス隊仕様も存在する。
ヒート・ロッドを応用したスパーク・ナックルやチェーン・マインを応用したバースト・ナックルなど武装にジオン系の技術を組み込んだ装備が用意されており、新型バックパックにそれらの武装を装着出来るように設計されている。ジム系の機体の頭部をガンダムタイプに変更し新装備を取り付け強化する手法は、同じ時期にティターンズで開発された、ガンダムTR-1[ヘイズル]と同じである。
本機の頭部には「妖刀」という精神感応AIシステムが内蔵されている。これは、カネサダ・ツルギ准将の主導による強化人間プロジェクトの一環として、ニュータイプの兆候を持つイットウ・ツルギの脳波を元に、波動の影響を用いた人類のニュータイプへの覚醒促進を目的に開発された。同時にこの波動を転用し、超振動を浴びせ物質を砂塵状にする兵器でもあり、ツルギ流居合いの奥義「空合掌底気」を再現したものである。しかし、開発段階でイットウの父カネサダへの憎しみの感情が刷り込まれており、カネサダが関与した他の妖刀システムや人為的なニュータイプに反応し自立起動する「超妖刀」が発動するリスクも持つ。

ギャラリー 編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア