Fandom

GUNDAM Wiki

RGM-79HC ジム・ガードカスタム

623このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

RGM-79HCジム・ガードカスタムは大河原邦男メカニックデザインMSV-Rに設定された地球連邦軍の艦隊防御を主任務としたMSで、 ゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』にも登場する。

機体解説 編集

スナイパーカスタムと同様のエースパイロット向けのジムのカスタム機で、パイロットに合わせて個別にチューンがされている。攻撃力を重視したスナイパーカスタムとは対照的に防御力を重視しており、専用の巨大な盾「ガーディアンシールド」を装備しているのが特徴。このガーディアンシールドは4種の合金の5層構造に対ビームコーティングが施され、前面にはバルカン砲が2門装備されており、機体が盾に隠れた状態で攻撃が可能。この他に、スナイパーカスタム系列用に再設計されたビームスプレーガン、近接格闘用としてボックスタイプのビームサーベルユニットやビームダガーを装備する他、頭部に専用の索敵センサーカメラ付バイザーを装備していた。

友軍機や軍事拠点の防護、陸上戦艦や宇宙戦艦の護衛が主任務であり、一部の部隊では敵艦からの砲撃をも防いだという。比較的熟練のパイロットが搭乗したこともあわせてか、一年戦争後の機体残存数が多い[1]

元々は『MSV』のスナイパーカスタムのプラモデルの解説書に名前だけが登場し、画稿は存在していなかったが、2009年になってゲーム出演のために新規デザインされた[2]。2010年には雑誌「ガンダムエース」の企画『MSV-R』において、大河原邦男による画稿が公開され、設定が追加された。

補足 編集

連邦軍艦隊のまさに盾として防衛任務にあたった本機の開発は、専用の兵装として製造された大型シールドと、高い機動力の実現があってこそで、ベースとしてRGM-79SCがあった事が挙げられる。高速で移動する敵の攻撃を直接防御する為には機動力と防御力の高さが必要不可欠であった。[要出典]

脚注 編集

  1. 「月刊ガンダムエース」2010年4月号
  2. バンダイナムコ、AC「機動戦士ガンダム 戦場の絆」新機体6機種投入(GAMEWACH,2009年3月16日)

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki