FANDOM


この記事はWikipedia:ジム・カスタムから転載、一部修正し作成されたものです。転載時期は2011年以前であり、加筆も不十分であるため、不正確な情報や虚偽が含まれているおそれがあります。転載記事についての方針を参照。なお2014年以降は転載による記事の作成を禁止しています。

機体解説 編集

RGM-79N-FbはRGM-79N ジム・カスタムにGP01-Fbの宇宙戦型バックパック装備した評価試験機体で、バックパック以外にも脚の一部をGP01-Fbの物を使用している。コア・ブロックは搭載されていないがバランス等はGP01-Fbと同等になるようにされていた。改修はアナハイム・エレクトロニクス社フォンブラウン工場で行われ、各種機動テストを行いそのデータはGP-01Fbに反映された。

補足 編集

ベースにRGM-79Nが使用されている理由などは不明だが、連邦軍の宇宙用MSの中で高性能であった為と考えられている。またこの改修をした数などは公表されていないが、後述の陸戦型評価試験機が数機確認されている事からも複数製造されたとするのが妥当である。 GP01の陸戦型バックパックの評価試験は、トリトン基地でRGM-79 パワード・ジムが行っていた。[独自研究では?]


初出はホビージャパンの書籍『GUNDAM WEAPONS マスターグレードモデル"ガンダムGP02A"編』(1998年10月発行)に掲載された模型作例。ゲーム『SDガンダム GGENERATION-ZERO』に登場したことで存在が広く知られるようになった。なお、模型製作者の八須誠はこのことが非常に嬉しかったらしく、改めてこの機体の模型作例をリアル体形とSD体形で作り、「月刊ホビージャパン」2000年7月号で発表している。

このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はジム・カスタムにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki