Fandom

GUNDAM Wiki

RGM-79N ジム・カスタム

625このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

ジム・カスタムは、アニメ『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』などに登場した兵器で、地球連邦軍の汎用量産型モビルスーツである。型式番号RGM-79N

機体解説 編集

この機体は、一年戦争後に製造されたRGM-79C ジム改の性能向上型で、RX-78-NT-1 ガンダムNT-1(アレックス)をベースに開発された。バランスの良い高性能機。主にエースパイロット向けに配備されたが、生産コストが高かったため製造数は少ない。高次元でバランス良くまとまった性能のため、模擬戦で対戦したコウ・ウラキからは「特徴の無いのが特徴」と評された事がある。

ペガサス級強襲揚陸艦アルビオンには3機のジム・カスタムが配備され、サウス・バニングアルファ・A・ベイトベルナルド・モンシアが搭乗したが、バニング機はシーマ・ガラハウMS-14Fs ゲルググMとの戦闘で受けたダメージが元で爆発し大破している。

デラーズ紛争後は連邦軍の高性能量産機である本機の生産ラインがジャミトフ一派に移り、コロニー内での暴徒鎮圧用に対地センサーの増設及び装甲形状が変更されたRGM-79Q ジム・クゥエルが専用機としてティターンズカラーに機体色が塗り替えられ、生産された。

主武装はマシンガン(ジム・ライフルと表記される事もある)とビームサーベル。また、頭部にはRGM系MSの例に漏れず、60mmバルカン砲を装備する。

劇場版『機動戦士ΖガンダムIII 星の鼓動は愛』では『0083』との時間軸を感じさせるためジム・キャノンIIと共に登場し、エゥーゴに配備されているのが確認されている。通常のブルーグレーで塗装された機体の他に、ジムIIと同様のエゥーゴカラーで塗装された機体も登場した。

ギャラリー 編集

関連項目 編集

このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はジム・カスタムにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki