Fandom

GUNDAM Wiki

RGM-79R ジムII

623このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

この記事はWikipedia:ジムIIから転載、一部修正し作成されたものです。転載時期は2011年以前であり、加筆も不十分であるため、不正確な情報や虚偽が含まれているおそれがあります。転載記事についての方針を参照。なお2014年以降は転載による記事の作成を禁止しています。

ジムII(ジムツー)は、アニメ『機動戦士Ζガンダム』に登場する兵器でRGM-79 ジムを改修して性能向上・近代化した地球連邦軍のMS。

機体解説 編集

一年戦争において地球連邦軍を勝利に導いたRGM-79 ジムの発展型。主武装をBR-S-85系ビームライフルとし、コクピットには全天周囲モニターを採用するなどの近代化改修が行われている。新規生産もされたが、大多数は1年戦争時に大量生産されたRGM-79 ジムを改修する形で配備された。

カタログスペック上は装甲を除きRX-78ガンダムを上回るものの、グリプス戦役時には既に旧式化しており、当時の新型機の前に苦戦を強いられた。一部の機体は次々世代機のジェガン登場後も現役で稼動していた。

元々エゥーゴの兵員自体が連邦の宇宙軍を離反した者を中心としていたこともあり、エゥーゴは設立時に連邦軍より接収したこの機体をしばらく主力として使用していた。エゥーゴでの正式な機体色は緑 / 白。シールドの星マークは赤で塗りつぶされている。テレビ放送当時ジャブロー降下作戦でネモカラーのものが存在し着色ミス(色パカ)とされていたが、模型雑誌の作例などで「エゥーゴカラー」として取り上げられるようになったこともあり、塗装バリエーションの1つとして半ば公認された感もある。

本機は「RGM-79R」の型式番号を当てられ製造された。その後ティターンズが戦力拡充のためジムIIを制式採用。RGM-79CR ジム改高機動型を経てグリプス開発基地にて9番目に製造されることになったジムIIには新たに「RMS-179」が振り当てられた。ティターンズ及び連邦軍で使用された機体色は赤 / 白である。

ギャラリー 編集

関連項目 編集

このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はジムIIにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki