FANDOM


RGM-79 ジム(RGM-79 GM)は「機動戦士ガンダム 」および、それをはじめとするガンダムシリーズに登場するモビルスーツ。

概要編集

地球連邦軍初の量産型モビルスーツ。

名称の由来編集

「ジム」「GM」表記はどちらでも可能で名称の由来は「Gundam type Mass-production model」「General Mobile-suit」「Gundam Model」と諸説あるが、初めのものが濃厚となっている。

機体解説編集

開発経緯編集

V作戦により連邦はガンタンクガンキャノンガンダムと3タイプのRXシリーズの開発に成功し、どの機体も期待以上の性能を有したが、コストが高すぎるため短期間での量産が難しかった。そこで3機種のうちに近距離戦用であるガンダムをベースに低コスト化を狙い再設計されたのが本機である。そして、ジェネレーター出力や装甲素材などの質をガンダムより落とすことによりコストは20分の1程度まで削減に成功し、低性能ゆえに訓練が少なくても操縦でき、大量生産が可能な期待として量産された。


武装・特殊装備編集

基本兵装編集

60mm頭部バルカン砲
編集お願いします。
ビーム・スプレーガン
編集お願いします。
ハイパー・バズーカ
編集お願いします。
100mmマシンガン
編集お願いします。
90mmブルパップ・マシンガン
編集お願いします。
ビーム・サーベル
編集お願いします。
シールド
編集お願いします。

劇中での活躍編集

編集お願いいたします。

機体バリエーション編集

カテゴリ:ジムシリーズを参照

搭乗パイロット編集

登場作品編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki