FANDOM


この記事はWikipedia:ジェガンから転載、一部修正し作成されたものです。転載時期は2011年以前であり、加筆も不十分であるため、不正確な情報や虚偽が含まれているおそれがあります。転載記事についての方針を参照。なお2014年以降は転載による記事の作成を禁止しています。

Disambig gray この項目では、RGM-89J ジェガンについて記述しています。RGM-89M ジェガンについては「RGM-89M ジェガン」を、RGM-89J ジェガンについては「RGM-89D ジェガンD型」を、RGM-89 ジェガンについては「RGM-89 ジェガン」を、RGM-89R ジェガンについては「RGM-89R ジェガン」をご覧ください。

ジェガン型式番号:RGM-89J。アニメーション映画『機動戦士ガンダムF91』に登場する性能向上発展機。マイナーチェンジ(主にジェネレータ、スラスターの改修等)によりベース機と比較して全般的に性能が上がっている。

機体解説 編集

ジェネレーター出力、スラスターの増設強化を行った総合性能向上型。しかし、それでもクロスボーン・バンガードの小型MSには成す術もなく、パイロットは「連中は速い!この大型ジェガンタイプでは(対抗するのは)駄目だ!」と言われてしまっている[1]。なお、劇中にはこの機体の他にもA、Bタイプのバリエーション機が同時に登場するため、便宜上ノーマルタイプと位置付けられている。

ギャラリー 編集

脚注 編集

  1. 『F91』の冒頭でデナン・ゲーにサッカーボールの如く頭部を蹴飛ばされるシーンが、その性能差を如実に物語っている。

関連項目 編集

テンプレート:F90-MS テンプレート:F0123-MS


このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はジェガンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki