Fandom

GUNDAM Wiki

RGM-89 ジェガン

626このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

ジェガン(JEGAN)は、アニメーション映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』、『機動戦士ガンダムF91』、小説及びOVA『機動戦士ガンダムUC』などの「ガンダムシリーズ」のうち宇宙世紀を世界観とする作品に登場する兵器。地球連邦軍の量産型モビルスーツ(MS)である(型式番号RGM-89)。

機体解説 編集

アナハイム・エレクトロニクス社が、ジムシリーズで蓄積されたノウハウを基に自社のMS技術を結集して開発した量産型MS。U.C.0089年より従来の主力機ジムIIIからの転換が進められ、第二次ネオ・ジオン抗争期のロンド・ベル隊を皮切りに地球連邦軍全体へと配備されていった。装甲材質は従来のチタン合金セラミック複合材が採用されているが、ガンダリウムγ精製技術のスピンオフによって、一年戦争時のルナ・チタニウム合金(ガンダリウムα)と同等以上の耐久性を得ている。

頭部バイザーはやや大型で、カメラアイは縦に狭く表面積が小さい。またアゴの部分にはRX-78ガンダム以来、ガンダムタイプMSやRGM-79G/GSが備えてきたのと同様の「オプチカルシーカー」がある。ジム系に比べ胸部ダクトが小型で被弾に強い構造を持つ。逆に腰部装甲は省略され、代わりに大腿部自体の装甲を二重化することで耐弾性を維持している。

バックパックは下部に大型1基と小型2基のメインスラスター、上部にはガンダムMk-IIに見られる可動式のバーニアブームを備え、従来の量産機とは一線を画す加速性と機動性を発揮する。燃料搭載量も多く、サブフライトシステムベースジャバー」や可変MSリゼル」との連携により、長距離移動任務にも対応可能である。

基本武装はガンダムMk-IIの物を小型化・固定化した頭部バルカン・ポッド・システム1門と、右腰ウェポン・ラックのビームサーベル1基、時限式と感知式の2種の信管を持つ左腰ウェポン・ラックのハンド・グレネード3基。携帯武装として取り回しに優れた短銃身型ビームライフルと、両側に2連装ミサイルランチャーを内蔵するシールドを装備。ビーム・ライフルはシールド裏面にマウント可能で、不使用時の携帯性を高めている。

操縦システムも一新され、連邦機としては初めて球状操縦桿「アーム・レイカー」を採用。これにより操作性は大幅に向上したが、やがて被弾などの衝撃で操縦桿から手が離れやすいという欠点が露呈し、後のモデルでは再び従来のスティック式に戻された。

第二次ネオ・ジオン抗争以降は特に大きな戦乱もなく、連邦政府の軍縮政策の後押しも手伝って、大小の改修を加えられながらU.C.120年代初頭までの実に30年以上に渡り連邦軍の主力を務めた。これは機体の基本設計の優秀さもあってこそなせる業であったが、やがて台頭してきたCV(クロスボーン・バンガード)の小型MSには全く歯が立たず、大型MS終焉の象徴ともなった。しかし、その血統はヘビーガンジェムズガンジャベリンといった連邦製小型MSにも脈々と受け継がれていった。 採用から60年が経過した150年代でもなお警備用として配備され、実戦を経験しているという説もあるので、それが本当ならば連邦軍の採用したMSでは最長寿モデルということになる。

機体概要 編集

全身は黄緑色に塗装され外観上の大きな特徴となっている。作品や媒体により色のばらつきがあり、『逆襲のシャア』では「」のように青みが強く、『F91』や模型では「」のように白みをもった塗装色となっている。 さらに媒体によっては黄味の強いライムグリーン系や濃い青緑色、水色に近い機体色も見られる。機体バリエーションによっては従来のジムに近い塗装パターンが施されている。

頭部バイザーはやや大型で、カメラアイは縦に狭く表面積が小さい。またガンダム系やジムカスタム系で見られるような赤いアゴ(クチ)をもつ。 バルカンは一門で、センサー類を含んだ独立ユニットが左側頭部にマウントされている。ガンダムMk-IIのようにバルカンユニットが着脱式になっているのかは不明。

ジム系としては胸部排気口が小型で被弾に強い構造をもつ。それとは逆に腰部アーマーは省かれ、軽量化と広い足の可動域を得て運動性を高めている。腰部アーマーの代わりには大腿部全面へ標準的に追加装甲が施され二重装甲となっている。 腰の左右はウエポンラックで、右側にビームサーベル1本、左側にハンドグレネード3個を装着している。

量産機としては大型のバックパックを装備し、上部にはガンダムMk-IIとほぼ同型の可動式バーニアスラスターを備える。下部は従来のMSに多いバーニアの二列配置ではなく、中央に大型のものが1機と左右に小型バーニアを1機ずつ配置した特徴的なものとなっている。

シールドの左右にはミサイルを各2発搭載。裏面にはビームライフルのマウントも可能であり、 第一次ネオ・ジオン抗争から主流となりつつあった、ウエポンラック機能を持たせたシールドになっている。

劇中での活躍 編集

ロンド・ベル隊の主力MSとして活躍、ネオ・ジオンのギラ・ドーガと渡り合う。終盤にて、ハサウェイ・ノアが、ネオ・ジオンに参加したクェス・パラヤを説得するために無断で本機に搭乗して出撃するが、クェスは、α・アジールと共にリ・ガズィに乗るチェーン・アギに撃墜され戦死。この後、錯乱したハサウェイは、逆上してチェーンのリ・ガズィを撃墜してしまう。シャアの反乱終結後、連邦軍によって収容された模様。
また、ゲーム『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』のエンディングには、同作の主人公であるユウ・カジマ大佐が第二次ネオ・ジオン抗争に参加したという言及があるが、同作の小説版によれば、この時の搭乗機は当機であったとされている。更に、『逆襲のシャア』劇中でアクシズの降下阻止に赴いたMSのうち、アクシズを押し返そうとしている途中に弾かれたギラ・ドーガの手を掴んだジェガンのパイロットは、ユウだったとしている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki