Fandom

GUNDAM Wiki

RMS-019R クラウダ

625このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

機体解説 編集

RMS-019 クラウダの指揮官用機。頭部に一般機にはない複合通信アンテナを搭載している。ランスロー・ダーウェル機にはクリーム色の塗装が施されていた。

劇中での活躍 編集

第32話に初登場。友軍のモビルスーツと共に、クラウド9から脱走したダブルエックスを行動不能にまで追いやった。サテリコン殲滅作戦にも投入され、再びダブルエックスと交戦した。

第8次宇宙戦争では新連邦軍のヴァサーゴCBアシュタロンHCに追い詰められるが、ガイドレーザーの照射により難を逃れている。その後、D.O.M.E.へ向かうフリーデンの部隊に単機で合流し、フロスト兄弟率いる部隊と戦った。

関連項目 編集

この項目「RMS-019R クラウダ」は、ガンダムシリーズに関する書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めていますP:アニメ/PJガンダムシリーズ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki