Wikia

GUNDAM Wiki

RX-77-3-D ガンキャノン重装型タイプD

トーク0
294 件の記事が
このウィキにあります

この記事はWikipedia:ガンキャノンから転載、一部修正し作成されたものです。転載時期は2011年以前であり、加筆も不十分であるため、不正確な情報や虚偽が含まれているおそれがあります。転載記事についての方針を参照。なお2014年以降は転載による記事の作成を禁止しています。

諸元
ガンキャノン重装型タイプD
GUNCANNON HEAVY CUSTOM TYPE D
RX-77-3D
型式番号:RX-77-3-D
所属:Efsf
開発:地球連邦軍
製造:ジャブローMS工場
生産形態:改修試作機
頭頂高:17.5m
武装:240mmキャノン砲×2
60mmバルカン砲×2
専用ビーム・ライフル
クラッカー
バルザック式380mmロケット・バズーカ
陸戦型シールド
乗員人数:1
  

ガンキャノン重装型タイプD

機体解説 編集

メカニックデザイン企画『MSV-R』に登場。地球連邦軍の中距離支援用試作MS。

RX-77-3 ガンキャノン重装型の改良機。問題点であった機動性能の低下に対し、スラスターを追加したランドセルの装備と脚部スラスターを4基に増設する事で機動性能の向上を果たした本機は試験で高性能を示し制式採用された。同時にオプション兵装としてバルザック式380mmロケットバズーカが採用されている。また機動性能の向上により中距離支援機でありながら白兵戦を視野にいれた汎用機的運用が決定した為、陸戦用シールドが標準装備とされた。

高性能を示したため正式に形式番号が登録されたが、まもなくガンキャノンIIが完成したことにより少数の生産にとどまった。主に一年戦争後期の北アフリカ戦線で確認されている。

ギャラリー 編集

関連項目 編集

このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はガンキャノンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア