Fandom

GUNDAM Wiki

RX-78-2 ガンダム

623このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
機動戦士ガンダム > RX-78-2 ガンダム


RX-78-2 ガンダム(あーるえっくすななじゅうはちに がんだむ、RX-78-2 GUNDAM)は「機動戦士ガンダム 」および、それに関連する作品に登場するモビルスーツ。

概要編集

RX78シリーズの2号機で『機動戦士ガンダム 』の劇中でアムロ・レイが搭乗したモビルスーツ。その高い戦果から敵国からは「連邦の白い悪魔」と恐れられ「ガンダム」の名を伝説とした機体である。一般的に『ガンダム』といえばこの機体を指すが混同を避けるため「初代」「ナナハチ」「ななじゅうはち」と呼ばれることも多い。

機体解説編集

当時の最新技術が惜しみなく投入されており、大変強固なルナ・チタニウム合金を装甲材に用いている。特筆すべきはモビルスーツとして初めて携帯用ビーム兵器を装備した機体であり、それまでは戦艦クラスのメガ粒子砲などに限られていたが、これによりモビルスーツ単体でザクなど敵モビルスーツを一撃で撃破し得ることが可能となった。

開発経緯編集

V作戦 の一環として開発され、設計・開発はアムロの父であるテム・レイ 技術大尉が主導し、タキム社、サムソニシム社、スーズ社、他数社の企業チームによって行われた。

この機体にはRX計画で提案されたアイディアがほぼすべて採用されており、あらゆる状況に対応可能な万能型モビルスーツとして製造された。しかし、そのコストは一説でザクの7倍とも言われ、量産することができなかった。これは本機は本来実戦用ではなくデータ収集用のトライアル機として製造されたからであり、実戦投入は全くの偶然であった。

武装・特殊装備編集

基本兵装編集

ビーム・ライフル
解説を入れてください。
ビーム・サーベル
解説を入れてください。
60mmバルカン砲
解説を入れてください。

特殊兵装編集

ガンダムシールド
視察窓が付いたシールド。クリップが付いており、左側の腕に装着可能。未使用時はバックパックに装着しておくことが可能だが、ガンダム単体でどのようにして脱着してるのかは不明である。
堅牢性をよりも衝撃の拡散・吸収を目的に設計されており、超硬スチール合金を基部とした高密度のセラミック素材をアラミド繊維で挟むことで耐弾性を向上させ、表面には高分子素材による樹脂を充填し、最表層にはルナチタニウム合金系素材を用いた三重ハニカム構造になっている[出典 1]。投擲武器として扱う描写からその堅牢性が伺える。
Gファイター登場後は必要に応じて2枚のシールドを重ねたり、分離させることのできる機能が追加された。
ガンダムハンマー / ハイパーハンマー
解説を入れてください。
ハイパーバズーカ
解説を入れてください。
スーパーナパーム
解説を入れてください。
ビームジャベリン
ガンダムのビームサーベルのリミッターを解除する事で使用可能となる武装。 
これにより柄の部分を伸張し先端に球状に三叉のついた槍状のビームを形成し、投げ槍として使用する事ができる。 
「ビームを一点に集中する」と言う設定から、ガウ攻撃空母の装甲も容易に貫くなど威力が高い。 
しかし、ビーム部が小さい為、ビームサーベルを持ったMSとの鍔迫り合いでは不利と言える。 

その他の機能編集

コア・ブロック・システム編集

詳細はコア・ブロック・システムを参照。

小型戦闘機コア・ファイターをブロック化し、コックピット・モジュールとして使用することで、脱出装置としての役割を果たす。本機の他、ガンキャノン、ガンタンク、コア・ブースターに共通で採用されているコックピットシステム。

大気圏突入機能編集

集音装置編集

右耳のあたりから指向性の集音デバイスが露出し、遠方の会話など小さな音を拾うことが出来る。[出典 2]

オートパイロットシステム編集

ガンダムが自動で敵MSを補足し標準を合わせて撃つ。この機能はコンピューターに記憶された戦闘経歴情報に基いて作動するため、初期状態では機能しない。作中で使用されたのはラスト・シューティングのみ。

搭乗者編集

関連機体編集

兄弟機についてはRX78シリーズを参照。

  • コアファイター

トリビア編集

  • テレビアニメ放映時点ではその他のモビルスーツ含め型式番号は一切設定されていなかった。そのため作中では一度も呼ばれたことはない。
  • RXという型式番号は当時デザイナーである大河原邦男の愛車であったマツダのスポーツカー「サバンナRX-7」から取られている。
  • 78というのは機動戦士ガンダムの企画が立ち上がった1978年から取られたという説が有力。

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. 小説版『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』のページ下部脚注より
  2. アニメ第18話「灼熱のアッザム・リーダー」より

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki