FANDOM


機動戦士ガンダム > RX-78-2 ガンダム


RX-78-2 ガンダム(あーるえっくすななじゅうはちのに がんだむ、RX-78-2 GUNDAM)は「機動戦士ガンダム 」および、それに関連する作品に登場するモビルスーツ。

概要編集

RX78シリーズの2号機で『機動戦士ガンダム 』の劇中でアムロ・レイが搭乗したモビルスーツ。その高い戦果から敵軍からは「連邦の白い悪魔」と恐れられ「ガンダム」の名を伝説とした機体である。一般的に『ガンダム』といえばこの機体を指すが混同を避けるため「初代」「ナナハチ」「ななじゅうはち」と呼ばれることも多い。

機体解説編集

当時の最新技術が惜しみなく投入されており、大変強固なルナ・チタニウム合金を装甲材に用いている。特筆すべきはモビルスーツとして初めて携帯用ビーム兵器を装備した機体である。それまでは戦艦クラスのメガ粒子砲などに限られていたが、これによりモビルスーツ単体でザクなど敵モビルスーツを一撃で撃破し得ることが可能となった。

開発経緯編集

V作戦 の一環として開発され、設計・開発はアムロの父であるテム・レイ 技術大尉が主導し、タキム社、サムソニシム社、スーズ社、他数社の企業チームによって行われた。

この機体はRX計画で提案・開発された技術の集大成であり、主に接近戦を担うモビルスーツである。当機が万能型と呼ばれるのは、選択できる兵装の豊富さや、コア・ブロックシステムによる換装により、幅広い局面に対応できる特性によるものである。しかし、極めて高性能であるが故に、そのコストはザクの7倍とも言われ、量産されることはなかった。これは本機は本来実戦用ではなくデータ収集用のテスト機として建造されたからであり、実戦投入は全くの偶然であった。

最前線で運用される極秘兵器という矛盾を抱えつつ一年戦争を戦い抜いた。その間、多くの改修が加えられ、最終的にRX-78-3と同じ仕様となっている。時期や媒体によって外観が異なって伝えられているのは、度重なる改修のためである。

武装・特殊装備編集

基本兵装編集

ビーム・ライフル
モビルスーツが携行可能なサイズにまで小型化されたメガ粒子砲。
メガ粒子に縮退する寸前まで圧縮したミノフスキー粒子を保持する機構であるE-CAPを採用し、比較的少ないエネルギー供給でのメガ粒子の連射を可能とする。
モビルスーツ単体でのエネルギー供給のみではE-CAPを満たすことはできず、発射回数には制限がある。母艦での再充填により再使用可能。
ビーム・サーベル
Iフィールドに棒状にメガ粒子を封じ込め、摩擦熱で対象を溶断する斬撃兵器。
小型で取り回しが良いため、地球連邦製モビルスーツの標準装備として多く採用された。
60mmバルカン砲
頭部左右のこめかみ部分に内蔵される。モビルスーツを破壊するには威力不足だが、航空機との戦闘や接近戦での牽制に効果を示し、地球連邦製モビルスーツの固定装備として多く採用された。

特殊兵装編集

ガンダムシールド
視察窓が付いたシールド。クリップが付いており、左側の腕に装着可能。未使用時はバックパックに装着しておくことが可能だが、ガンダム単体でどのようにして脱着してるのかは不明である。
堅牢性よりも衝撃の拡散・吸収を目的に設計されており、超硬スチール合金を基部とした高密度のセラミック素材をアラミド繊維で挟むことで耐弾性を向上させ、表面には高分子素材による樹脂を充填し、最表層にはルナチタニウム合金系素材を用いた三重ハニカム構造になっている[出典 1]。投擲武器として扱う描写からその堅牢性が伺える。
Gファイター登場後は必要に応じて2枚のシールドを重ねたり、分離させることのできる機能が追加された。
ガンダムハンマー / ハイパーハンマー
モビルスーツサイズの質量打撃兵器。モーニングスターの様なスパイクの付いた鉄球に鎖が付いており、投擲して目標にダメージを与える。乗機を目標に接触させない事以外は、ザクのスパイクアーマーと同じコンセプトである。後に加速用ロケットが追加された。
ハイパーバズーカ
380mm多目的ロケット発射機。各種弾体を使用できる、エネルギー供給が不要等の利点があるが、ビーム兵器に比べ初速は遅い。
ハイパーナパーム
対モビルスーツ用の広範囲焼夷弾。ビームライフルのバレル下部に装着する。ナパーム剤の点火にはビームライフルを用いる。
ビームジャベリン
ガンダムのビームサーベルのモードを切り替える事で使用可能となる武装。柄の部分を伸張し先端に球状に三叉のついた槍状のビームを形成し、投げ槍として使用する事ができる。
「ビームを一点に集中する」と言う設定から、ガウ攻撃空母の装甲も容易に貫くなど威力が高い。 
しかし、ビーム部が小さい為、ビームサーベルを持ったMSとの鍔迫り合いでは不利と言える。 

その他の機能編集

コア・ブロック・システム編集

詳細はコア・ブロック・システムを参照。
小型戦闘機コア・ファイターをブロック化し、コックピット・モジュールとして使用することで、脱出装置としての役割を果たす。本機の他、ガンキャノン、ガンタンク、コア・ブースターに共通で採用されているコックピットシステム。

学習型コンピュータ編集

ある程度パターン化された動作を学習し、自動ないし半自動で一連の動作を行うためのシステム。モビルスーツの全ての制御をパイロット自身が細かく行うことは不可能であり、モビルスーツの性能を引き出すには基本動作の蓄積が必須であった。RX計画ではこれらデータの収集も重視されており、コア・ブロックシステムはデータの回収を支える重要な要素である。蓄積されたデータは自機だけでなく、他のモビルスーツの制御データとしても利用される。

大気圏突入機能編集

劇中ではモビルスーツのままで大気圏への突入を行っているが、本来はコア・ブロックのみを保護する装備である。
まず、突入姿勢や速度を調整した後、Aパーツ(上半身)を投棄する。次にBパーツ(下半身)股部に収納されたアブレータ(蒸発する事で熱を奪う耐熱素材)をコア・ブロックに被せ、Bパーツも投棄する。
このような手順により、パイロットおよび貴重な戦闘データを含むコア・ブロックを保護・回収するのである。
アムロ・レイ少年(当時)はこの手順を把握しておらず、マニュアルを飛ばし読みした結果、モビルスーツのままでの大気圏突入を敢行しているが、この場合、無事であった可能性は極めて低い。

集音装置編集

右耳のあたりから指向性の集音デバイスが露出し、遠方の会話など小さな音を拾うことが出来る。[出典 2]

オートパイロットシステム編集

ガンダムが自動で敵MSを補足し標準を合わせて撃つ。この機能はコンピューターに記憶された戦闘経歴情報に基いて作動するため、初期状態では機能しない。作中で使用されたのはラスト・シューティングのみ。

搭乗者編集

関連機体編集

兄弟機についてはRX78シリーズを参照。

  • コアファイター

トリビア編集

  • テレビアニメ放映時点ではその他のモビルスーツ含め型式番号は一切設定されていなかった。そのため作中では一度も呼ばれたことはない。
  • RXという型式番号は当時デザイナーである大河原邦男の愛車であったマツダのスポーツカー「サバンナRX-7」から取られている。
  • 78というのは機動戦士ガンダムの企画が立ち上がった1978年から取られたという説が有力。
  • アムロ・レイは大気圏突入の手順が間違っていた事を後に知らされており、ノンオプションで大気圏突入可能なZガンダムタイプの機体を要望する遠因となっている。

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. 小説版『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』のページ下部脚注より
  2. アニメ第18話「灼熱のアッザム・リーダー」より

関連項目編集