Fandom

GUNDAM Wiki

RX-78AL アトラスガンダム

625このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

RX-78AL アトラスガンダム(RX-78AL AtlasGundam)は「機動戦士ガンダム サンダーボルト 」および、それに関連する作品に登場するモビルスーツ。

概要編集

漫画『機動戦士ガンダム サンダーボルト』の作者である太田垣康男初の完全オリジナルモビルスーツ。U.C.0080に地球連邦軍が開発した最新鋭のガンダムタイプ。試験運用終了後、サイコ・ザクに搭載されたリユース・サイコ・デバイスを破壊するために、強襲揚陸艦スパルタンに配備され、サンダーボルト作戦に投入された。

機体解説編集

地上戦闘特化を目的とし、地球連邦軍の第一世代に見られたブロック構造ではなく、多重関節構造が取り入れられている。この構造は「多重構造の球体関節」であり、当時旧ジオン軍の水陸両用モビルスーツに多く採用されていた技術で、それらを参考にしたと思われる台詞が劇中から伺える。

コックピットブロックは特徴的な球体形状をしており、ほぼ完全な全天周囲モニターとなっている。また、イジェクションポッドとしての役割も果たす。

背部には人間の脊柱のようなパーツが搭載されているが、これは作者の太田垣によると、スイマーのモーションや格闘戦を描く為に取り入れたという事らしい。


武装編集

サブレッグ
編集お願い致します。
ビーム・サーベル
編集お願い致します。
レールガン
編集お願い致します。
アサルトライフル
編集お願い致します。

搭乗パイロット編集

登場作品編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki