Wikia

GUNDAM Wiki

RX-78GP01-Fb ガンダム試作1号機 "ゼフィランサス" フルバーニアン

トーク0
2,105 件の記事が
このウィキにあります
諸元
ガンダム試作1号機 "ゼフィランサス" フルバーニアン
Gp01fb a
Gp01fb b
所属: Efsf
開発:アナハイム・エレクトロニクス社
製造:アナハイム・エレクトロニクス社
生産形態:試作機
全高:18.0m
全備重量:74.0t
武装:60mmバルカン砲×2
ビーム・サーベル×2
ビーム・ライフル
シールド
乗員人数:1
搭乗者:コウ・ウラキ
搭載艦:アルビオン
  

ガンダム試作1号機フルバーニアン(ガンダムしさく1ごうきフルバーニアン、GUNDAM GP01 Fb)は、地球連邦軍の試作型汎用MSガンダム試作1号機を宇宙戦仕様に換装・改装したものである。コードネームはガンダムゼフィランサスフルバーニアン (GUNDAM ZEPHYRANTHES FULL-BURNERN) という(型式番号:RX-78GP01-Fb)。主人公の中盤の機体である。

機体解説 編集

本来ガンダム試作1号機コア・ファイターの換装と脚部のオプションなどにより重力下仕様から宇宙戦仕様に変更することができるように設計されていた。

開発初期のトライアルプランでは胸部スラスターは片側4基の計8基を設置している。一方、肩部のスラスターユニットは片側2基となっている。バックパックには後の同じくアナハイム社製のEx-Sガンダムへと繋がるジェネレーターを内蔵するタイプのバーニアユニットを2基装備している。そこにビームサーベルとともにムーバブルフレームで接続されたユニバーサル・ブースト・ポッドには片側3基のスラスターノズルが設置されている。また、脛部にも2基のスラスターが確認されている。

実際に宇宙戦仕様の装備はガンダム試作1号機のロールアウト時には完成していた。しかし本来予定されていたテストを行えないまま、ガンダム試作1号機はデラーズ紛争に投入されシーマ艦隊との戦闘で大破してしまった。機体はアナハイムのフォン・ブラウン工場に搬入され、機体の補修を兼ねて大幅な設計変更を行うことで宇宙戦仕様に改修された。結果、当初予定されていた「宇宙戦仕様」とは大幅に異なる機体となった。この作業はわずか2日で完了し、アナハイムのリバモア工場で運用テストが行われている。

デラーズ紛争後は記録が抹消された影響で、この機体の存在は闇に葬られたが、ガンダムTR-1[ヘイズル]のブースターユニットなどにこの機体の技術が流用されたと言われ、「フルバーニアン」の名を持つガンダムとして、パイロット達の間でその存在が囁かれることとなる。

その高い運動性ゆえシーマ・ガラハウに「バッタか!?」と言われるが、バッタの様な跳ね回る動きを指したという説と、地上仕様で宙間戦闘を行い、弱ったバッタの様な挙動だったガンダム試作1号機と、空間戦闘用になり見違えた本機を同一機体と認識したためという説がある。

ギャラリー 編集

関連項目 編集

テンプレート:ガンダムタイプ

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア