Fandom

GUNDAM Wiki

RX-78XX ピクシー

623このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

RX-78XX ピクシー(RX-78XX Pixie)は『機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079』および、それをはじめとするガンダムシリーズに登場するモビルスーツ。

概要編集

地球連邦軍によって開発された陸専用試作MS。全3機が生産され、1号機がベルファスト、2号機がホワイトベース隊、3号機はアフリカに配備される予定だった。

1号機編集

ベルファスト基地に配備予定だった機体だったが、ドリス・ブラントによる書類偽造によってスレイヴ・レイスフレッド・リーバー軍曹の乗機となる。
なお、作中登場する機体は本機ではなく、ゴビ砂漠で放棄され回収された2号機で、1号機はベルファルト基地に正式に配備されたという説もあり、詳細は不明である。

2号機編集

ホワイトベース隊に届けるべく、ゴビ砂漠基地に駐留しているアルバトロス輸送中隊が運送していた機体。
当機の破壊命令を受けていたウルフ・ガー隊の襲撃により、甚大な被害を負っていたゴビ砂漠基地にて護衛小隊隊長のボルク・クライ大尉が命令を無視して独断で起動し、敵部隊を退ける。
最終的に、ゴビ砂漠基地を放棄した本隊の囮になるべくほぼ単独で出撃。味方部隊からも見捨てられ、基地に置き去りにされており、ヘンリー・ブーン大尉が搭乗するイフリートとの戦闘を最後に消息を絶っている。

3号機編集

アフリカに配備された機体。機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊に登場した機体が本機という説もあるが詳細は不明。

機体解説編集

対MS白兵戦のデータ回収を目的とした色合いが強く、RX-78-2 ガンダムからコア・ブロック・システムや宇宙戦装備を取り除き大幅な軽量化によって、極限まで機動性や運動性を高めた機体。 様々な装備の除去によって、汎用性こそ失われたがアポジモーターの増設により地上での瞬発力は当時の当時地球圏最速ともされるほどの機動性を誇る。

なお、3機製造されたという設定は、機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079が本来4部構成のオリジナルストーリーだった時の名残で、1部と3部にそれぞれ1号機と3号機が、4部にピクシーまたはピクシーのパイロットが宇宙に集結するという展開だったらしいことが、『B-CLUB』113号のゲームデザイナー・神谷春輝へのインタビューで語られている。

基本装備・特殊兵装編集

基本装備編集

90mmサブマシンガン
本機の唯一の手持ちのサブマシンガン。小型なので取り回しは良好。形状はMAC11に酷似している。
60mmバルカン砲
頭部に内蔵されている固定兵器。2門搭載されている。
ビームダガー
2号機のみに両腰にマウントされている格闘兵器。リーチこそ短いが、高出力なのが特徴。
ただし、2号機のみという設定だったが1号機や3号機と思われる機体も装備している。

特殊兵装編集

ビーム・ステルスコート
本機に塗装された特殊コーティング。名称からしてステルスコーティングの一種だと思われるが、詳細は不明。

搭乗パイロット編集

1号機編集

2号機編集

北米戦線仕様編集

登場作品編集

ゲーム編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki